2019年06月16日

独学でも保育士資格を取得する方法(受験手続き)

保育士は国家資格ですから、幼児教育課程のある短大を卒業しなければ
いけないかというと、独学でも受験で取得することができます。
独学で受験勉強して、保育士資格を取得する方法をお伝えします。


・保育士資格の試験を受けたいけど、なにから始めればいいの?
・どうやって申し込むの?
とお困りの方、保育士を独学で取るための受験手続を紹介します。


まず保育士試験についてですが、受験の申請手続きは
すべて自分で行わなければなりません。

養成校だと学校を卒業と同時に資格がもらえますが、
独学の場合は自分で試験を受けて、合格したら免許を
申請しなければならないのです。

保育士資格については、全国保育士養成協議会がすべて
執り行っています。
こちらのホームページに手続きの仕方が詳しく紹介されています。

保育士資格は年々制度に変更があり、全国保育士養成協議会の
HPも年々見やすく分かりやすくなってきています。

なので分からないこともHPを見ていけばすべて解決するし、
それでもわからないという人は電話で問い合わせることも可能です。

とにかくきちんと手続きを踏まないと、試験すら受けることが
できないので、全国保育士養成協議会のHPはかならず
見るようにしてください。

顔写真なども必要になってくるので、募集要項を読んで
漏らさずきちんと手続きを済ませましょう。

また、保育士資格は近年取りやすく変わってきています。

試験が年に1回だけだったのが最近になって2回行われるように
なったり、一定の条件を満たすと試験科目の免除が受けられたり
するようになっています。

それもいつ変わるか分からないので、かならず最新の情報を
見ておくことが必要です。
1回の試験で合格できなかった場合、再度受験する際は改めて
全国保育士養成協議会の内容を読み直しておきましょう。
なにか変更点や改訂があるかもしれません。


子供ができても働く女性が増えているので、保育士の需要は
増えることが予想されます。また、自分自身が育児中でも、
保育士としてパート勤務することも可能ですから、
保育士の資格を持っていることは頼りになる資格といえます。

kindergarten-2204239__340.jpg
posted by 7fukujin at 19:23| Comment(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする