スポンサードリンク

2009年02月14日

公共職業訓練を受けると失業保険受給期間が長くなる

職業訓練校の名前は聞いたことがあるので知っていても、実際に
どういうことをやっているか知らない人の方が多いと思います。
しかしこの職業訓練校ですが、失業保険をもらうためにとても
大きなメリットがあります。

運悪く会社が倒産したりして失業した場合など、ハローワークに
通いながら失業保険をもらうだけよりも、職業訓練校に入って
失業保険をもらう方が給付金もはるかに多く受給できるんです。



公共職業訓練は就職に必要な技術や技能を身につけるということで、
少しでも求職者が早く就職できるようにする目的で、各都道府県に
設置されています。職業訓練校は、独立行政法人「能力開発機構」
または各都道府県または民間団体が行っている場合があります。


この公共職業訓練には金銭的なメリットがあります。
自己都合で退職しても、公共職業訓練は給付制限が免除されるため、
すぐに給付金が受給できます。さらに公共職業訓練期間が失業保険の
給付期間を超えた場合、職業訓練修了まで給付を延長できます。

また、学校によっては失業手当とは別に、通所手当、受講手当、
寄宿手当などを受け取れます。
例えば、1日で失業保険の受講手当ての500円、給付金の5,000円、
交通費の1,000円を貰えたりします。


どの職業訓練校に通うかで時間や期間は変わってきますが、
訓練時間は一日大体6時間〜8時間程度ですし、期間としては
3ヶ月から2年までと豊富です。
つまり、失業保険での受給期間とあわせて最も長くて2年間、
給付金としてもらい続ける事ができる制度です。

時間をかけて手に職をつけたい人にとっては、お得で嬉しい
制度なので活用したいですね。
そして最大のメリットは、国が補助金を出してくれるため、
無料で自分の能力を開発できることです。

技術専門学校だけでも東京都であれば、16校あります。
福祉関係、事務関係をはじめ、コンピューター、建築、調理師など
多種多様なコースが用意されています。
長い期間に考えて広い視野で技術アップできるといいですね。

なお、公共職業訓練を受けた場合、失業保険の受給の手続きが
簡単になります。公共職業訓練受講の場合には認定日が毎月末と
なり、訓練校側が代行して手続きをしてくれるので助かります。
毎回ハローワーク通いをしなくても失業保険が受け取れるのですね。
就職活動の時間もないために、時間を有効的に使えます。


就職活動は孤独な戦いです。しかし、公共職業訓練を受講すれば、
共通の気持ちと目的を持った人に出会えたり、同年代だけでなく
幅広い年代の方と交流ができます。
精神的にもずっと楽になります。

出会いは、今後の人生においてのターニングポイントかも
しれませんね。人生の転機となるような人との出会い、
前向きに取り組むことが大事なのでしょうね。

職業訓練
posted by 7fukujin at 23:00| Comment(0) | 失業保険に有利な公共職業訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。