2009年05月21日

再就職がピンチになる懲戒解雇について

再就職活動をするとき、障害になるとしたら
履歴に懲戒解雇の4文字が載ることでしょうか。
普通に働いていれば、自己都合で辞めれるわけですから
懲戒解雇となるためには、それなりの理由がなければ
雇用側にもできるものではありません。

本人にその気はなくても、雇用規定に従い懲戒解雇と
判断されると再就職活動が困難を極めるので、極力
そうならないようにしたいのですが、万一懲戒解雇と
なった場合の対処法に触れてみたいと思います。



懲戒解雇された時の対処法

懲戒解雇された時の対処については、まず、その懲戒解雇が
正当なものかを確認してみるといいでしょう。
懲戒解雇は、懲戒処分としては、最も重いもので、
通常であれば、退職金も支払われません


会社が懲戒解雇をするためには、会社の就業規則に懲戒規定が
記載されている必要があります。その会社の就業規定に
定められていない理由での懲戒解雇処分は、懲戒権の乱用に
なるのです。もちろん、就業規定に定められていない理由での
懲戒解雇は不当なので、無効になります。


懲戒解雇されてしまったら、なぜ懲戒解雇されたのか明確な
理由を確認したうえで、その理由による懲戒解雇が不当な
ものでないか、就業規則の懲戒規定を確認してみてください。

懲戒解雇されても仕方ない理由が自分にあったのだとしても、
会社が即時解雇するためには、労働基準監督署の認定
受ける必要があります。認定を受けていない場合は、
通常の解雇と同様、解雇の予告や解雇予定手当の支払いが
必要になるでしょう。


懲戒解雇されてしまえば、次の就職先をみつけるのに、
とても苦労します。
横領や不正、重大な過失などが理由
でなければ、懲戒解雇されないからです。
だからといって、懲戒解雇されたことを隠して、履歴書に
一身上の都合で辞めたと書けば、経歴詐称になり、それを
理由に懲戒解雇されてしまいかねません。
もし、懲戒解雇されても仕方ないような理由があったと
しても、できれば、懲戒解雇ではなく、普通解雇か自己都合
による退職にしてもらえないか、会社とよく話し合った方が
よさそうです。


worried_man.jpg
posted by 7fukujin at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職理由と失業保険の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック