2009年06月03日

失業保険の給付額はどのくらいもらえるの?

失業保険がいくらもらえるか
離職などで失業したとき、まず気になる大切なことですが、
離職するまで知る必要がないと言えばそうなので、基本的なことも
案外知っている人は少ないものです。

離職する理由はともかく、失業保険のお世話になることを予定して
いるのなら、失業保険の給付される金額は大体押さえておきたい
ところですね。総額どれくらいもらえるのかというのを、自分で
算出することが出来れば、計画もスムーズいくと思います。


基本手当の総額の算出

基本手当の総額の算出は、基本手当日額×所定給付日数
算出されます。そして、その「基本手当日額」はどのようにして
出るかというと、まず退職前6ヶ月の給与(賞与は含まれない)を
原則として、その合計を180で割り、それによって出た金額である
賃金日額」を計算します。

ここで、賃金日額には上限と下限があるので注意が必要です。
そして、賃金日額に給付率を乗じ、基本手当日額が算出されます。


「所定給付日数」ですが、雇用保険と退職理由に加入していた期間で
異なります。また、基本手当をもらえる期間は限られていて、離職日
の翌日から1年間です。この期間を「受給期間」といい、そこを過ぎ
てしまうと基本手当はもらえません。
所定給付日数が余っていても、もらえないので注意が必要ですね。
ただし、出産や介護などで今すぐに就職活動ができない人などは、
受給期間の延長が可能です。


基本手当の算出式について

基本手当の算出式は次のように計算されます。

 ・基本手当の総額=所定給付日数×基本手当日額

 ・基本手当日額=45〜80%×賃金日額
 (パーセントは、年齢や賃金日額によって異なります)

 ・賃金日額=退職前6ヶ月からの給与総額÷180(6ヶ月×30日)

また、基本手当の上限額は年齢で次のように異なっています。
 ・30歳未満・・・・・・・・・・・  6,365円
 ・30歳以上45歳未満・・・ 7,070円
 ・45歳以上60歳未満・・・ 7,775円
 ・60歳以上65歳未満 ・・・6,777円
となります。

ハローワークに行く機会があれば、疑問点は遠慮しないで質問して
はっきりしておきのがおススメですね。



stationery.jpg
posted by 7fukujin at 04:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 失業保険給付金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

失業保険っていくらもらえるの?
Excerpt: 失業保険っていくらもらえるんでしょう? ハローワークのWebサイトを見てみました。 TOP > お役立ち情報(仕事をお探しの方) > 失業等給付について &amp..
Weblog: 失業保険をもらおう
Tracked: 2009-07-29 10:38