2009年06月05日

退職理由【会社都合退職と解雇の違い】

失業保険の申請をするとき、退職理由自己都合
会社都合では大きく差が出てきます。
自己都合の方が聞こえがいいかも知れないので
と安易な考えで退職願を出したりすると、後で後悔
しかねませんので、会社都合の場合は注意が必要
ですね。

今回は退職理由で分かりにくい会社都合退職と解雇
について説明したいと思います。


会社都合退職と解雇の違いは、非常にあいまいです。


懲戒解雇などを除いては、会社都合退職も解雇も、
労働者側に非がなく、労働契約の解消の原因が
会社側にあるケースがほとんどでしょう。

例えば、業績不振による人員整理や倒産などです。
ただ、解雇というよりも会社都合退職という方が
お互いにとって言葉の響きが軽くなるので、
慣例用語として「会社都合退職」という言葉が
使われています。

ちなみに、強引な退職勧告やいじめ、セクハラ、
親族の死亡、結婚や出産などの家庭事情も、
会社都合退職の正当な理由になります。


会社都合退職や解雇の方が、失業保険の給付を
受ける上では非常に有利になるので、退職したい
理由が会社都合退職に当てはまらないか確認して
みるのもいいかもしれません。

でも、明らかに会社都合退職のケースでも、
その証拠を明確にできないと認められない
可能性もあります。
特に、いじめやセクハラなどは立証が難しいため、
注意が必要です。


雇用者側にとっては、労働者に「自己都合退職」
してもらう方がなにかと都合がいいので、
「解雇より自己都合退職の方が再就職の時の
 印象がいいから」などといって、労働者側から
退職届を提出させようとすることも多いようです。

会社都合退職も解雇も、労働者側が退職届を書く
必要はありません。逆に退職届を書いてしまうと、
自己都合退職として処理されてしまう恐れがある
ので、書かない方がいいでしょう。



folders.jpg
posted by 7fukujin at 06:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 退職理由と失業保険の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
【ズバリ勝てる!裁判のための超絶技巧〜解雇予告手当て請求編】

派遣社員が弁護士を使わずにたった一人で裁判を起こし、勝訴しました!
そして、解雇予告手当て取立てに成功したのです。
被告は弁護士を二人もつけて控訴してきましたが、それにも余裕で対抗できました。
このマニュアルを読めば裁判についての不安や悩みは、解消されるでしょう。
弁護士は必要ありません!あなた一人でも裁判は起こせるのです。驚くほど簡単で、しかも訴訟費用はそれほど高くはありません。
あなたと一緒に戦う仲間が待っています。
今すぐ立ち上がり、労働者のための革命を起こし、世の中を変えましょう!

http://www.infotop.jp/click.php?aid=11014&iid=29793
Posted by at 2009年06月12日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック