2009年06月29日

就職活動におけるパソコンスクールの扱い

パソコンのスキルが身に付くパソコンスクールが全国にありますが、
事務系の仕事をする上でパソコンのスキルは欠かせませんよね。
多くの人が学んでいるパソコンスクールですけど、就職活動では
どう見られているのでしょうか。

パソコンスクールに通っている方で、就職活動をしようとしたとき、
ふと疑問を持つことってないですか?


パソコンスクールには「入学」「卒業」という、学校なら当たり前の
概念があると思いますか?
履歴書に書くときに「パソコンスクール卒業」というように書いた
ほうがいいのかどうか迷いますよね。


スクールと言うくらいですから、「学校」なわけですから「入学」や
「卒業」という文字が当てはまるんじゃないかとは思いますが、残念
なことにパソコンスクールの場合は専門学校などではないために
「入学」や「卒業」という言葉は当てはまりません。
学歴には書けないと言うことなんですね。


しかし、民間資格でも取ったんだよとか、こういう授業を受けて
勉強したんだよと言うことをアピールしたい場合は
「PCスクール、パソコン授業コース修了」というような表記方法が
いいのではないかと思います。
これを書くことによってスクールでパソコンの勉強をしたんだなと
いうようには伝わるはずです。

更に、就職に有利なものと言ったら民間資格でも構わないので
「資格」を取っておいたほうが有利になるのではないかと思います。
検定や資格など、取れるものは在学中にとってしまいましょう。
取ったら履歴書の資格取得の欄に「○○年○○月 ××資格 取得」
というように記述しましょう。
資格は多い方がアピール力もあっていいと思います。

パソコンスクールに通っているのでしたら、是非マイクロソフト
などがやっているようなワードやエクセルなどの検定受験も目指して
いくことをおススメします。

せっかく頑張ってパソコンスクールで勉強したのですから、コース
修了したものも資格を取ったものもアピールできるものは存分に
アピールして、就職に有利になるように役立てましょう。



pc_girl0629.jpg
posted by 7fukujin at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンスクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック