2009年08月29日

失業したとき必要な手続き

失業率の高さがニュースで報道されています。
7月の完全失業率が調査を始めた1953年4月以降で最悪の
5.7%になったようです。
一方では、有効求人倍率が0.42倍と過去最悪の数値となって
います。求人が減っていて、失業者が増えているという
悪循環状態(デフレスパイラル)ですから、求職活動されて
いる人たちご苦労されていると思います。

衆議院議員の選挙にも失業率の最悪状態が影響するのは
避けられないでしょうね。


正社員でもいつ解雇されるか分からない時代です。
万一失職することになってから、何をして良いのか途方にくれる
前に失業したとき何をしたらよいのか分かるようにしておくと
再就職活動に早く入れるので安心ですね。


失業後に必要な手続きとしては、次のような手続きがあります。

・健康保険に関する手続き
・年金に関する手続き
・税金に関する手続き
・失業保険に関する手続き


【健康保険に関する手続き】
健康保険に関する手続きは、体調を崩した時や不慮の事故に
遭った時のために早めに行う必要があります。

医療保険への加入は強制なので、保険料がもったいないから
加入しないというわけにはいきません。被保険者期間が二ヶ月
以上あれば、退職後二年間は会社の健康保険が使用できる
「任意継続被保険者制度」を使うこともできます。

ただし、退職した日の翌日から二十日以内に手続きすることと、
保険料を自分で全額支払う必要がありますから、判断は慎重
かつ迅速に行ってください。
任意継続すると、医療費の自己負担が在職時のままで済んだり、
会社の保養所を利用できるなどのメリットがあります。

任意継続しない場合は、国民健康保険に加入しましょう。
医療費の自己負担は三割で、支払う保険料は前年の収入や
住んでいる自治体によって異なります。
国民健康保険への加入手続きは、居住地の行政センターに
印鑑、離職票などの退職証明書、身分証明書を持っていって
ください。


【年金に関する手続き】
次に、年金に関する手続きです。
失業すると大抵は厚生年金保険から国民年金保険に変更する
手続きを自分から窓口に出向いて行わなければいけません。
奥さんがいれば、奥さんの分の手続きも必要です。


【税金に関する手続き】
税金に関する手続きについては、確定申告をしっかり行って、
納めすぎた税金を返してもらいましょう。

ある日突然、住民税の請求が来ることも覚えておいてください。



【失業保険に関する手続き】
失業保険のことは内容が多くなるので別途記事をアップします。



posted by 7fukujin at 12:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 失業保険と求職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
美紀といいます。
この度ブログを始めたので挨拶で
コメントさせて頂きました。

私のブログは競艇やギャンブルが主になっちゃうと
思いますが日常の事もいろいろ書いていくので
よかったらコメントください☆

http://ameblo.jp/boat-gals/
Posted by みき at 2009年09月01日 15:10
美紀さん、こんにちは

コメントありがとうございます。
実は僕もギャンブル好きなんです。
でも熱くなって止められなくなる性格なので
今はやってません。

素敵なギャンブラーと出会えば
始めるかもですね。
ギャンブラーやってる人って
ネットで稼げるタイプですしね。

それでは。。
Posted by 7fukujin(管理人) at 2009年09月11日 05:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック