2009年10月18日

看護学校の面接対策は就職試験に役立ちます

現在の社会では就職難という時代が続いています。
しかし、いつの時代でも国家資格をとった人は比較的簡単に
就職先を見つけることができると思います。

難関といわれる国家資格に合格しているので当然だと言えば
そうかもしれませんが、一度資格を取れば一生武器になる
と考えれば、非常に魅力的だと思います。

就職希望者より求人数の少ない時代は、急がば回れの考えで、
会社廻りして何度も就職試験を経験するよりも国家資格について
勉強するほうが近道なのかもしれません。


看護学校の面接対策

今回は看護学校の面接対策についての紹介をします。
まず、現在の看護師のニーズについてですが、非常に高まる傾向
にあります。
医師不足とよく言われていますが、看護師に関しても同じことが
いえると思います。最近ではよくニュースなどで医療問題などが
取り上げられているように、人手が足りずに問題を起こしてしまう
傾向にあります。

では看護師になるにはどうしたらいいのでしょうか?
国家試験を受けて、合格すれば看護師になれるのでしょうか?

おおまかには間違いではありませんが、実際に指定の学校の授業を
履修していなければ、試験すら受けることができません。
看護師になるにはまず、看護学校に合格しなければならない
ということです。

さらに看護学校に合格することは、受験すれば受かるというような
そんなに簡単なことではありません。
実際に筆記試験と面接試験があります。

医療現場で働く大事な職業ですから、学科試験以外に面接が重要な
ウエイトを占めてきます。筆記試験を突破しても面接試験で苦戦
している人は少ないと思います。


なぜ、苦戦しているかというと、やはり時間をかけて自分を
見つめていないからでしょう。
時間をかけて自分についてしっかり分析し、自己評価をしなければ
なりません。もちろん自己評価を踏まえたうえでの自己PRは重要
になると思いますよ。

看護学校の面接対策をやると、実際看護学校に入らなくても応用が
効きますので、自分にとって後々役に立つと思います。
就職試験にも利用できるので頑張ってみる価値はあると思います。

posted by 7fukujin at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業保険と求職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック