2010年04月28日

倒産しそうな会社、見分け方知ってますか?

政府が今年度の公務員新規採用枠を昨年度の半分くらいに減らす
意向であることがニュースで報道されています。

公務員と言えば不況とあまり関係のない職業と言う思いが多くの
人にあると思いますが、これからの時代には公務員だからと言っ
て絶対就職面で安全とは言えないようです。


公務員ですら求人採用数が厳しくなっていますから、民間企業
でしたら、このご時世、自分の務めている会社が倒産しないか
どうか、働く社員にとってはとても気になることだと思います。

就職の場合も大変でしょうが、今会社に勤めている人にとって
自分の会社が倒産しそうかどうかを見分ける方法は知っておいた
方がいいですね。


家庭を支える大黒柱にとって、勤めている会社が経営状況が良い
のか、それとも倒産の心配があるのか気になるところです。
家族のいる世帯主の場合はなおさらのことでしょうね。

自分の勤めている会社が大丈夫かどうかなんて、経営者や幹部
クラスはともかく、普通の一般社員には伝わってこないことも
多いでしょう。
もちろん給料の未払いや遅延があれば、かなり危ない状況で
しょうが・・・。


では、どういう風に見分けていけばいいのでしょうか?

exclamation倒産しそうな会社の見分け方って?

一番大事なのは情報収集耳だと思います。

日頃から他部署の人わーい(嬉しい顔)や取引先の人ビルトイレと仲良くしていれば、
おのずとそういった情報も手に入りやすくなります。

意外にも外部の人の方が経営状況を詳しく知っている場合が
ありますよね。また、会社全体に覇気が感じられないがく〜(落胆した顔)のも
危険なサインでしょう。

実際に働いていても、そういう会社だと、自分自身の働く意欲
も薄れてきますよね。
それから、忙しいにも関わらず、新規採用しないばかりか、
人員整理を行い始めることがあれば、経営状態が厳しいという
ことも考えられます。

仕事があるのならいいのでは?と思いがちですが、少ない人数
で過酷な勤務をこなしていれば、いつかは仕事に穴を開け、
信頼関係を失いかねません。

後は、経営者や上層部クラスが好き勝手なことをやって、風紀が
乱れていると、経営状態が悪化する可能性があります。警察沙汰
やスキャンダルで打撃を受ける場合も多いです。
働く立場としては、会社をよく見分ける必要がありそうです。


井の中の蛙状態にならないためにも、仕事をやっている上で
会社の経営状況など気にしておいた方が良いでしょうね。
posted by 7fukujin at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業保険と求職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック