2010年11月12日

職業訓練とマイクロソフトのパソコン資格

職業訓練の人気テーマの一つであるパソコン資格についてお伝えしています。

仕事でパソコンを使う時、最も多いソフトウェアと言えばマイクロソフトの
Word(ワード)Excel(エクセル)ではないでしょうか。
そういう意味で見ていくと、マイクロソフトのWord(ワード)と
Excel(エクセル)この二つについて一通り習得しておけば、就職や
転職においてセールスポイントが出来るので有利になると思います。

マイクロソフトのパソコン関連資格について見ていきましょう。
マイクロソフト関連のパソコン資格

パソコンにおけるマイクロソフト関連のソフトは世界中に普及しています。
そのマイクロソフトが主催となって世界中で実施されている試験に
「マイクロソフト オフィス ペシャリスト」というものがあります。
マイクロソフトは世界中で使用されており、その操作方法を世界共通の
基準で判定する試験となります。

ワードやエクセル、パワーポイントといったマイクロソフト関連の
操作方法に関する試験となります。
「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」の資格を目指す人は
20歳台、30歳代が全体の8割近くを占めるといわれています。
就職時に有利な資格として、大学生の受験も目立つようです。

パソコンを使用したワードやエクセルなどは、ほとんどの企業で使用
されているため、この資格は就職時に有利な資格であると思います。

また、転職や再就職を控えている人だけでなく、派遣社員として
働いている人の受験も目立つようです。
ワードやエクセルなどは、事務職の人だけでなく、様々な職種の人に
使用されているソフトであると思います。どんな、職業に転職するとしても、
実務経験が重視されますが、転職を希望している人の中には実務経験が
少ない人もいることでしょう。

マイクロソフト オフィス スペシャリストは、このような人にお勧めの
パソコン資格であると思います。実務経験が少ない分、実技資格を保持
しているという点をアピールポイントにしてみてはどうでしょうか。

この資格は就職や転職に非常に有利な資格であるといわれています。
なぜなら採用する企業側も即戦力を求めているからです。


企業などで文書作成で使用する標準ソフトにマイクロソフト社の
Word(ワード)とExcel(エクセル)を指定しているところが多く
なっています。

一時期は日本の一太郎・花子も使用されていましたが、パソコンの
基本システムがマイクロソフトのウインドウズであるため、どうしても
Word(ワード)とExcel(エクセル)が使われるようになるのは
仕方ないと言えます。

ビジネスの基本ツールであるWord(ワード)とExcel(エクセル)
結構自分勝手に覚えて使っている人が多いものです。
ですから、パソコンスクールなどで基本をしっかり学ぶと就職先で
一目置かれる存在となる可能性も高いのでチャレンジして欲しいですね。


cat_and_mouse.jpg
posted by 7fukujin at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンスクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック