2010年12月16日

30代中堅社員の転職で重要な職務履歴書の書き方

30代の中堅社員は企業によっては、即戦力として
高く評価できる人材なら中途採用に前向きなところが
多いのが普通です。

 

一人の社員を入社後何年もかけて育てて、一番企業に
とって稼いでもらう世代ですから、他企業へ転職される
場合、退職される企業側にとっては大きな損失です。


逆に転職で中途採用の応募してもらう側には、入社後の
大変手の掛る教育期間なしで即戦力として活躍が期待
出来るので投資対効果の高い採用となり得ます。

ですので、転職時の職務経歴書には自分の職務経歴が
相手にきちんと伝わるようにする必要があります。



30代中途採用時の履歴書、職務経歴書の書き方

転職を行う際に欠かすことの出来ない重要なことの一つに、
履歴書、職務経歴書の作成があります。

履歴書の内容も重要ですが、特に30代の転職などで
中途採用の場合には、職務経歴書の内容が最も重要に
なるでしょう。

 

職務経歴を採用担当者が最重要視する理由は
中途を採用する企業側の多くは即戦力となる
人物を求めているからです。

 

職務経歴書の内容は、今までのあなたのキャリアや
職務実績を要領よくまとめて書く必要があります。
ダラダラと長く書けば良いというものではありません。

 

技術職の場合には、表にして見やすくする方法も
あります。事務職の場合には、なかなかアピール
出来るような実績が見つからないかもしれません。

そんな時には資格取得のために勉強をしていることや
PCスキルがどれくらいあるかなど、実務で役立つ
ような情報を織り込むと良いでしょう。


どちらにしても、あなたの今までのキャリアが企業に
とってどれだけ貢献出来るかを伝えるためのものです
から、手を抜かないように時間を掛けて作成するよう
にしてください。

 

履歴書は、最近ではエクセルやPDFファイルといった
デジタルデータでも提出可能という企業も増えてきて
いますので、敢えて手書きに拘る必要はありません。
学歴や職歴を偽らずに、正直に記入していれば問題ない
と思います。

 

履歴書を書くとき、志望動機の欄を埋めるのはなかなか
大変かもしれませんが、あなたの今までの実務経験から
その企業がどれだけ魅力的な会社なのかを判断した
といった具合に、実務経験があることをアピールポイント
にするように書くと良いのではないでしょうか。


自分の特徴は自分では分かり難いかもしれません。
友人や知人で自分のことを公平に見てくれる人がいれば
自分の特徴について意見をもらうのも良いかもしれません。
遠慮しないで自分の良さを積極的にアピールしていく方が
いいと思います。

posted by 7fukujin at 13:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 再就職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
Posted by 職務経歴書の書き方 at 2011年04月06日 18:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック