スポンサードリンク

2011年02月27日

採用担当者に印象を良くする履歴書の書き方

就職・転職といった就職活動で必ず作成する履歴書

履歴書の書き方は何度もお伝えしていますが、繰り返し情報を目に
することで記憶となっていくと思いますので、しつこいようですが
時々履歴書の書き方などをご紹介させていただきます。

履歴書は様式も同じようなもので、記入箇所も限られているので
簡単に書いて終わりにしてしまう方もいるようですが、採用担当者
から見れば、1人の要員を採用するかどうかは、短期的には厳しい
人件費から採用者を選ぶ訳ですし、長期的には会社の将来を担う
ような人材が欲しい訳ですから、最初の接点である履歴書は重要な
ものだと言うことは明らかです。

今回は履歴書の書き方や様式についてご紹介いたしたします。


採用担当者に印象を良くする履歴書の書き方

履歴書の記入
・手書きで記入
・パソコンで作成して印刷

履歴書の作成は自筆(手書き)が原則と考えた方がいいです。
自分は字が下手なのでパソコンで綺麗に作った方が良い、と考える
のは誤りです。字が上手下手と言うことで採用担当者は判断しません。
丁寧に書いているかを見ています。

採用担当者によっては履歴書を何百枚とか見ていく訳です。
字が上手い方が印象がよいでしょうが、字が上手とは言えなくても
丁寧に書いてあることがもっと大切な事です。
パソコンで作成した履歴書では、同じものを使い回しているな、
と想像されるでしょうから、うちも会社も沢山受けている一つか
と思われた時点で採用は難しいでしょう。


履歴書の様式
・市販の履歴書
・学校指定の履歴書
・自作の履歴書

履歴書の様式そのもので、採用担当者が良し悪しを付けることは
無いようです。採用担当者が必要とする要求事項が記入されて
いれば問題ないと言えます。

【履歴書要求事項】
 基本事項
  氏名、住所、電話番号、生年月日、学歴・職歴、取得資格
 追加事項
  趣味・特技、志望理由、本人希望、学校関係の内容

注意したいのは、自作の履歴書で用意する時、プリンターの印刷
した罫線や印字がかすれていたりすると良くありません。
自宅のプリンターでは綺麗に印刷できない時などは、インターネット
のサイトからその場でダウンロードして綺麗に印刷できるサービス
を提供しているお店もありますので、そういった所を利用しても
いいと思います。
(例:キンコーズ、http://www.kinkos.co.jp/


履歴書の用紙
・市販されている履歴書
・パソコンで印刷

履歴書の用紙で注意したいのは、紙の厚さだと思います。
履歴書の様式をインターネットからダウンロードして使用しても
問題ないのですが、プリンターの用紙を厚手のものに変えて
印刷した方がよいでしょう。

通常のプリンター用紙で提出した場合、採用担当者が見る時、
履歴書がシワがよっていたりしてたら、どうしても印象が悪く
なります。
履歴書には顔写真を必ず貼りますから、通常のプリンター用紙
に糊付したりすると反ったりして、やはり印象が悪いです。

※履歴書の用紙は市販のものを買うか、プリンターで印刷して
 用意する場合は厚手の用紙を用意しましょう。

ポケットマネーで買える物をケチって、採用担当者に悪い印象を
与えることだけは避けたいものです。
posted by 7fukujin at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業保険と履歴書の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188079630

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。