2011年03月04日

女性の就職活動、面接で印象が良いメイクの仕方

就職活動している学生で、髪形をどのようにした方が面接の時印象が良くなるか、気にする人は多いかも知れませんが、
化粧については女性だけが苦労することの一つかもしれません。

理系の女子学生の場合なら、学歴や研究歴といった専門的な
お話で面接が進むことも多いかと思いますが、一般事務系などの
職種で就職を希望する場合は、面接時の印象はとても重要な
気がします。

女性が就職活動の面接時、印象が良くなるようなメイクの仕方とは
どのようなものか面接官側からの印象をお伝えしたいと思います。


女性の就職活動、面接で印象が良いメイクの仕方

学生と社会人の間には、明確な差があります。
メイクはどんな場に出るのかによって変えるものですが、
学生と社会人とではメイクの仕方を考えるシチュエーションが
結構違うものなので、目的に合わせたメイクが必要ですね。

社会人がするメイクは、主に仕事面を意識する割合がかなり
大きくなります。その第一歩といえるのが、就職面接時での
メイクではないでしょうか。

就職面接を受ける時のメイクの仕方は、大人として、社会人として
相応しいメイクという点を最大のテーマにして考える必要があります。
それが何を意味するのかというと、バランス面がより重要になる
ということです。

もちろん、派手なメイクは面接には相応しくありません。
それだけで、面接官のその人に対する印象が悪くなってしまいます。

面接の時にするメイクは、基本的にナチュラルメイクが良い
といわれています。
メイクで加点されるということは、面接においてはまずありません。
減点されないことを第一に考えましょう。
そのためには、最低限のナチュラルメイクがベストです。

ナチュラルメイクは、ファンデーションを薄めにしたり、チークや
口紅の色を抑え目にしたりするなどといったものだけではありません。
まるでメイクをしていないかのように見せるのがナチュラルメイク
ではないのです。

派手でなく、かといって薄化粧すぎることもない、ポイントを抑えた
品のあるメイクが好印象を与えるナチュラルメイクです。
就職面接時ではそうした点を踏まえ、良識ある社会人であることを
アピールしましょう。


女性の就職活動における情報として、面接時印象が良くなるメイクの
仕方についてご紹介いたしました。
派手な化粧はマイナスポイントとなりますが、かと言ってノーメークも
けっして面接官に良い印象は与えるとは思えません。

自然な感じのナチュラルメイクで清潔感も出せたら面接時の印象として
受けが良くなると思います。 
posted by 7fukujin at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生の就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック