2011年04月20日

宮城県の臨時職員4000人募集情報

宮城県が臨時職員を4000人募集するようです。

東日本大震災の被害が大きかった宮城県では、被災地で失業者が
多数出ていることを考慮し、災害復興に当てる臨時職員として
最大4000人の募集を4月中にアナウンスすると報道がありました。

被災者救援と災害復興を結び付ける動きは、宮城県が最初に
名乗り出ましたが、同様に被害を受けている岩手県や福島県、
茨城県などにも可能性はあります。

宮城県が計画している臨時職員については、復興支援に関連する
仕事内容となっています。

待遇:宮城県および宮城県内の市町村の臨時社員
人数:最大 4000人
期間:最長 6ヶ月
予算:約(8+25)億円
   一人当たりで割ると、約80万円です。
業務内容:
 ・被災地パトロール
 ・避難所における高齢者の見守り
 ・避難所における子供の一時預かり
 ・被災地のがれき片づけ

宮城県が臨時職員の人件費に充てる予算は、震災前に雇用対策費
として配分が決まっていた約25億円と、国の雇用創出基金の
約8億円の合計約33億円です。

これらの予算は、本来当てにしていた企業自体が被災していたり、
中には廃業となっている企業もあるので、全面的に見直されて
災害復興として被災者救援も兼ねることに使われることになる
ようです。

被災者救援は、まずは緊急支援として仮設住宅や食料でしょうが、
落ち着いてくると、次は失業した人たちの再就職が重要な問題
となってきます。

行政側の早い対応があれば、被災者救援に弾みがつくことが
期待されます。

今回は宮城県の臨時職員募集の情報でした。
今後、同様な情報がありましたら、お知らせいたします。
posted by 7fukujin at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業保険と求職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック