スポンサードリンク

2011年05月10日

iPhoneを活用した英語学習法とは?

iPhone Appで就活の英語対策している方がいます。 

今回は就職活動で出来ると強みの一つである英語力について
忙しい中で時間を効率よく使った英語の学習法として、
iPhone App(アイフォン アプリ)での勉強法をご紹介します。


就職活動で英語力を問う企業が増えています。

外資系企業はもちろんですが、海外の情報を確認しないで
新製品を発売して、それが海外企業の知的財産に抵触すれば
多額の補償金を請求されたりしますから、メーカーの開発部門
においても外国語(特に英語)が分かる人材は採用したい、
という企業が増えてきています。


英語力または英会話力を伸ばそうと思う時、英会話スクール
などに通ったり、英会話用CDを購入してiPodやウォークマン
で聞きながら学んでいる人も多いかと思います。

英会話スクールは時間と費用が掛ることから、やりたくても
都合がつかなくて諦める方も多いと思いますが、英会話CD
などでは耳から聴く音声だけのレッスンですので手軽ですが
文字情報や動画などが見ながらレッスンが聴けたら効果的だと
想像できます。

そこで、iPhoneを使えば文字情報から動画まで見ながら
英会話の練習が通勤などの空き時間に出来るので効果的です。


iPhoneを使用した英会話レッスンについて

iPhoneは携帯電話としての機能以外にも音楽を聞いたり、
iPhoneアプリで知られる様々なアプリを使用したりと
多種多様な機能があり、これらの機能を利用することで、
効率的に英語の学習ができます。

元々、iPhoneには文字と音を同時に扱うことができる
という特徴があります。
この特徴を利用し、英語の歌詞を見ながらくり返し洋楽を聴く
ことで、自然に英語が頭に入り、英会話力やリスニング力を
強化することができるでしょう。

また、iPhoneはDVDの映像を取り込む機能も持ち
あわせています。iPhoneで洋画を見ると、字幕付きで
観ることができ、会話でよく使われる英語を学ぶことができます。

実際に耳で会話を聞き、字幕を見て目からも英語を取り入れる
ことで、発音やイントネーションなどが理解でき、会話をする
力をつけることもできるでしょう。

それに、iPhoneでは、iBooksなどを利用して電子書籍を
読むことも可能です。
電子書籍なら分厚い本を小さなiPhoneにいくつも収納する
ことができますから、いつどこでも英語の本を読むことが
できるようになり、英語への興味も高まることでしょう。

また、電子書籍を読む際にアプリを利用すると、単語の意味を
表示したり、読み上げる機能を使えることもあります。
難しい本が読みやすくなると同時に、リスニング力や読解力を
つけることもできます。

これらのiPhoneの便利な機能を上手く活用し、少しの時間を
有効利用する英語学習を実践してみてはいかがでしょうか。


通勤時間は何もしないで毎日何時間も費やしている人が多いと
思いますが、通勤時間を有効に使って資格試験の時間に充てたり
している方もいます。
今は便利なツールがある時代ですので、iPhone Appなど上手く
利用するのとしないのでは1年、3年と時間が経てば大きな差と
なりますね。
posted by 7fukujin at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生の就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200222234

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。