2011年06月23日

ハローワークの失業保険手続きで必要アイテム

失業保険はハローワークとともに進めていくものですが、
ハローワークに持参するものに不備があると、
手間も時間も2倍以上かかってしまします。

失業保険の申請に必要なものは決まっていますので、ハローワークに
出かける前は必ずチェックされた方がよいと思います。


◆失業保険の手続きでハローワークへ出掛ける時持っていくもの
ハローワークに行くときに必要なものは以下のものとなります。

▼印鑑、写真、預金通帳、本人確認証明書

【印鑑】
捺印は、書類に押す際に必要なことと、書類の内容を訂正したい
場合にも必要で、訂正の場合は間違えた場所に、二重線を引いた
後に捺印します。

【写真】
縦3cm×横2.5cmの正面カラー写真が必要です。
カラーでも白黒でもかまいません。
写真の枚数は2枚必要です。

【普通預金通帳】
郵便貯金は除きます。
普通預金通帳は本人名義です。他人名義ではありません。
失業保険の受給手続きは、ほとんどのハローワークでは
キャッシュカードでも可能になります。

【本人確認証明書】
基本的には、年齢や住所などを確認できる写真つきのものです。
運転免許証、パスポート、写真付きの住民基本台帳カードで構いません。


◆ハローワークで入手するもの
ハローワークの窓口で用意してもらうものです。

▼求職申込書、ハローワークカード

【求職申込書】
求職申込書とは、求職の意志を提示する書類になります。
就職する意志を証明し、失業保険が給付されます。
内容として、公共職業訓練を受講したかどうか、次に希望する職業は
何かなどです。この求職申込書に記入した内容に従い、失業保険給付
可否に関係することが問われていきます。

【ハローワークカード】
これからハローワークを利用することになりますが、その際に必要な
カードです。各市町村によって、形状は異なりますが、仕事相談の
場合などにも提示します。


ハローワークへ失業給付金の手続きで出掛ける時、必要なものに
ついてお伝えしました。ハローワークまで出掛けるのも手間なので
手続きは一度で終えたいものですが、必要なものが無くて出直す
方もいます。
印鑑、通帳、免許証、証明写真などは、ハローワークへ行く時は
何時でもバッグに入れておく位でいいかもしれません。
posted by 7fukujin at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック