スポンサードリンク

2011年08月02日

医療事務の適正とは?

厚生労働省の職業訓練でも注力されている医療事務ですが、
なりやすいという事と本人が医療事務の仕事に適しているか
という事は別問題といえます。

そこで医療事務の仕事の適性ってどうなのか気になるところ
ですので「医療事務の適性」についてお伝えしたいと思います。


医療事務の適正とは

医療事務とはいっても、患者にとっては病院で働く病院のスタッフ
の一員ですので、看護師と同じように患者の世話をしてくれる存在
と思っている人もいます。
そのことも踏まえつつ、病院の顔として丁寧に優しく患者と接する
ことができるかどうかということが医療事務の適正でしょう。

さまざまなメリットがある医療事務ですが、必ずしも全ての
女性にとって働きやすい職場であるとは限りません。
場合によっては、相性が悪いということもあり得ます。

これは、個人的な嗜好なども絡んでくるので致し方ないことです。
そういった点を求人情報を見た時点で考慮しておけば、判断材料
として利用できますし、求人に応募した後で発覚するより
ダメージが少なくて済むので、良いところばかりではなく、
問題点となり得るところもしっかりと調べておきましょう。

医療事務という仕事は、基本的には接客業同様、他人と接する
機会が非常に多い職業です。
外来患者に対しての受付はもちろん、入院患者とも接するので、
常に患者に対する対応を考えておく必要があります。

普通の人と違い、患者は常に心に不安を抱えています。
そのため、患者の不安を増長させてしまったり、相手の気持ちを
考えることができなかったりする人であれば、医療業務という
仕事との相性はよくないといえるでしょう。

医療業務において重要となってくるのは、人柄です。
もちろん事務として仕事をするので、手際の良さや知識など、
さまざまな面が重要視されてしかるべきですが、最も大切なのは、
患者を不安にさせず、相談にも応じられ、相手の気持ちを鎮める
術を持った人柄の良い人材が求められます。

自分がそういった性質を持っていると思う人は、
医療事務との相性は最高といえます。


医療事務の仕事の適性についてお伝えしました。
家族に同居のお年寄りがいればよく分かると思いますが、体が
不自由な人にとって身の回りをお世話してくれる人は、それが
実際の家族以外の病院のスタッフでもありがたい存在です。

医療事務は看護師とはまた違う業務内容ですが、不安を抱えて
病院に訪れる患者さんが気持よく治療に入っていけるかどうかを
左右しかねない重要な存在です。
働きがいのある仕事とですので、今は適性が弱いと思っている
方でも努力次第では全然問題ないと思います。

posted by 7fukujin at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 再就職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。