2011年08月26日

教育訓練給付金の支給対象となる講座とは?

職業訓練などの教育訓練を受けてスキルアップを考えている時、
受講に掛かる費用の20%を国が補助してくれる教育訓練給付制度
がありますが、最大で10万円がもらえますので出来るだけ活用
した方がお得です。

ところで、教育訓練給付金の支給される講座は何でもいいという訳
ではありません。
厚生労働大臣の指定する講座対象となっていなければなりません。
さらに、厚生労働省で用意している「教育訓練実施状況調査票」を
提出して、講座内容が指定対象である内容と合致していなければ
いけません。

students.jpg

◆教育訓練給付の支給対象となる講座について

教育訓練給付の支給対象となる講座には条件があります。

・労働者の職業能力の開発や職業能力の向上につながる職業教育訓練
であって、労働者が置かれている厳しい雇用環境において、仕事を
継続して働く場合や新たに就職する場合にそれを促進してくれる
教育訓練であることが求められています。

・国や地方公共団体などが実施している公的職業資格の取得であるか、
または修士などを取得することが訓練目標となっていること。

・公的資格取得や修士取得などの目標に準じて、訓練目標が明確に
なっていて、職業訓練の効果が客観的に測定可能なものであること。


◆教育訓練給付の支給対象とならない講座とは

講座内容は高度な専門知識を必要とする講座であっても、目的が
趣味的な内容であったり、教養的なものであると教育給付金の
支給対象にはなりません。

また、教育訓練が終了した後、就職活動に役立ち就業へつながる
ような講座でなければなりません。したがって、以下のような
職業教育訓練講座は支給対象外となります。

・趣味的または教養的な教育訓練
・入門的または基礎的な教育水準にある教育訓練


教育給付の支給対象となるのに必要な期間とは

教育訓練給付金の支給対象となる講座は、客観的な尺度として
職業教育訓練の期間が決められています。

▼通学制の場合: 1ヶ月以上1年以内で受講時間50時間以上
▼通信制の場合: 3ヶ月以上1年以内


実際どの職業教育訓練講座が教育給付の支給対象なのか、実施元
の主催者の確認など分かりにくいと思いますので、ハローワーク
で確認するのが早くて確実だと思います。
posted by 7fukujin at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業保険給付金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック