2011年08月30日

IT時代のアウトソーシングとは

アウトソーシングと言う言葉は聞いたことがあるでしょうか。

アウトソーシングはIT技術が普及する前からもありましたが、
IT技術を上手く活用することで、全国を視野にした営業活動を
展開することも可能になります。
今までにできなかったことがIT技術のおかげで出来るように
なったことから、Web関連の仕事などのように新しい仕事が
生まれています。

IT時代のアウトソーシングについて見ていきましょう。


企業内の一つの業務をすべて、社外に依頼することです。
アウトソーシング自体は様々な業種で行われています。
その中でIT分野のアウトソーシングが広く行われているようです。

少人数で起業したところがアウトソーシングを請け負っている
場合は、少人数による効率化を図ることができるようです。
若い人がITを武器に起業する例も多くなりました。
社内にいて業務をやっていくよりも、IT技術を使って
アウトソーシングの受け皿となる方が自分のやりたいことを
やれると考えているのかもしれません。
IT技術を使うことによって、在宅勤務などが容易になります。

逆にIT技術があったからこそアウトソーシングが可能になった
業種もあるはずです。物理的に離れていても、インターネットを
使うことで作業に支障はありません。
あなたは起業を考えているのでしょうか。
それならば、IT技術を身に付けることです。

メールやブログなどを活用することでビジネスの幅が広がります。
アウトソーシングだけではなく、独立したサービスが可能
となるのです。

インターネット上にはいろいろなビジネスチャンスがあります。
それらを若い感覚で見出すのです。
IT技術はやはり若い世代の人が得意としています。
インターネットは子供の時からあったのです。
大人になってから初めてパソコンを触った世代との格差は大きい
のかもしれません。

あなたはどちらの世代ですか。
自分が与えられた役割を理解して、頑張りましょう。

pcnote911.jpg


IT時代のアウトソーシングについてお伝えしました。
電話やFAXの時代からみると、インターネット時代のIT技術を
つかった仕事は大変効率の良い仕事が出来るようです。

今まであった既存の仕事にIT技術を導入することで、新しい集客が
できるようになるのはよく聞くお話です。
自分だけでは出来る仕事の量は限られますが、アウトソーシングの
活用で大きな力を得ることも可能といえます。

インターネットをビジネスに活用していく上で、アウトソーシング
の活用と同時にIT技術も身に付けておきたいところです。

posted by 7fukujin at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 再就職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック