スポンサードリンク

2011年09月04日

教育訓練給付の悪用手口@(資格試験合格保証)

教育訓練給付制度は、雇用保険に3年以上加入している人が利用できる
制度ですが、一度利用した後、また利用したいと思っても3年間は利用
できません。この教育訓練給付金を一度利用した後、また利用するため
には雇用保険にさらに3年以上加入する必要があります。

別の見方をすると、教育訓練給付制度が適用される教育訓練はそれだけ
就職に有利な内容と言えるのではないでしょうか。
資格を取得するにしても、産業界が求める資格を取らなければ、苦労
して時間をかけて資格取得しても就職では役立ちません。
産業界が求めるような資格の取得が多いのが、教育訓練給付制度の
対象講座なのです。


職業訓練を受けるのなら活用したい教育訓練給付制度ですが、人気が
あるところには悪徳業者も多数群がってきますので注意が必要です。
今回は教育訓練給付制を悪用する手口の一例として
「教育訓練給付制度の指定講座なので資格試験に合格できる」
についてお伝えします。

教育訓練給付制度を悪用する手口@(資格試験合格保証)

建設業界のサブコン(準大手総合建設業)で働いているAさん
がいたとします。
Aさんは大学の建築科出身で2級建築士の資格を持っていますが、
1級建築士はまだ持っていません。1級建築士の資格取得に向けて
勉強をしていますが、将来現場監督になることに備えて1級建築士
以外に「1級建築施工管理技士」の国家資格にも関心があります。

そんなAさんに電話が掛ってきました。

こちらは厚生労働省の教育訓練給付制度の指定講座を扱っている
建築資格スクール(仮称)です。
2級建築士の資格所有者の方限定で「1級建築施工管理技士」の
資格取得講座を予定していますが、参加者が限定ということで
合格率100%の講座ですので是非応募しませんか。

この講座は厚労省の教育訓練給付制度の指定講座なので、受講後
講習料金の20%が国からもらえて大変お得な講習となっています。


などと言った売り込みセールスの電話が会社に掛かってきたら
どうでしょうか。
仕事中の電話ですから、プライベートのことは早めに切り上げたい
気持ちがありますし、1級建築施工管理技士の資格は出来れば取得
したいと思っていたら、とりあえず申し込んでおこうかと考える人
も出てくるでしょう。

しかし、甘い話には気を付けましょう。

国家資格取得試験で合格率100%なんて保障はどこにもありません。
教育訓練給付制度は講習費用をまず自分が支払う必要があるという
ところが悪徳業者が付け入るところです。

教育訓練給付制度の悪用.jpg

今回は記事がメルマガ風になってしまいました。
時間に余裕がある時、また続編をお伝えします。

posted by 7fukujin at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業保険給付金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。