2011年10月24日

就職先の環境活動で将来性が分かる?

学生が就職活動で求人募集企業を探していく時、給与や年間休日、
上場企業かどうか、OBがいるかどうか、等々見ていきますが、
地球温暖化が社会問題となっている現代では、企業の環境活動
についても注目していく必要があります。


「就活に環境活動って関係ないのでは?」

と思う方も多いかも知れませんが、企業を取り巻く世界規模での
大きな流れの中で、環境活動なしでは将来生き残れるかさえ心配
される状況となっています。

企業の環境問題と言えば、地球温暖化が社会問題になる以前では
公害問題がありました。水俣病、イタイイタイ病、四日市ぜんそく
などは多くの被害者を出し、公害発生元の企業はもちろん、国など
行政側の責任まで厳しく追及されていきました。

公害問題は以前ほど騒がれることはなくなっていますが、これから
地球温暖化に関係するところのCO2排出削減への取り組みなどを
しっかりやっているかどうかが企業として重要なテーマとなって
います。

企業が環境活動に取り組む事例として、水産加工品で知られる
『ニチレイグループ』の環境活動を紹介します。

nitirei2.jpg

ニチレイグループでは環境のために様々な活動を行っています。
▼1つ目はごみの削減とリサイクルの推進です。

ニチレイの各事業所から排出されたごみの中で処分場に埋め立て
られてしまうごみとエネルギーとして使うことができずに焼却され
てしまうごみを「ゼロ」にしようという取り組みを行っています。

この目標達成のために、ニチレイグループの事業所ごとで課題を
決めてグループ全体としてごみの削減、リサイクルへの取り組みを
行っています。

▼2つ目はCO2の削減です。
ニチレイの食品工場では加熱調理をする際に使う燃料や商品を
冷凍加工するときに使う電力利用の際にCO2を排出します。
ニチレイグループにおいては、1999年から生産量あたりの
CO2排出量を削減しようと取り組みを行っています。

空調施設には電気やフロンを使わないものを取り入れています。
また物流センターでも、食品の品質保持のため電力消費を必要と
します。このとき排出されるCO2量も削減に努めています。
特にエネルギーの使用量が大きいため省エネルギー活動が重要に
なってきます。

▼3つ目は環境に配慮した商品の提供とサービスの提供を行って
います。
ニチレイグループにおいては、容器の無駄をなくし薬剤を使わない
食材の調達や開発を行い環境へ負荷がかからないようにしています。
環境に大きな影響を与える化学物質についても適切な処理をして
環境への影響を抑えています。

▼4つ目はオフィスでの環境活動です。
ニチレイのオフィスでは社員のクールビズを励行したり、消灯を
励行したりして省エネルギー活動を行っています。
オフィス内のごみもきちんと分別することで、ごみの量を減らして
リサイクルに取り組んでいます。

他にも「マイはし」運動を行い、社員一人ずつが環境活動に参加
できる機会を設けています。


就職活動をしていく上で、応募先企業の環境活動への取り組みに
着目した方が将来性のことを考えたとき役立つと思いましたので、
環境活動への取り組みがしっかり実施されている企業の事例として
ニチレイグループの環境活動の紹介をしました。

自分が気になる企業のホームページなどで確認されてはいかがで
しょうか。


posted by 7fukujin at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生の就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック