2012年01月20日

タニタ社員食堂で注目【管理栄養士】受験対策とは?

体脂肪計タニタの社員食堂で注目されている管理栄養士の国家資格
ですが、「ダイエット」や「食」に関心があって管理栄養士の資格を
取りたいと思う方が増えるかも知れません。

しかしながら、この管理栄養士という国家資格には、受験するための
資格と言いますか、受験資格を満たさないと受験すらできないという
制約があります。多くの人の健康に影響を与える職種ですので、この
受験資格が緩和されることは期待出来そうにないですね。

逆に栄養士として働いている方には、少し頑張って勉強すれば、
今以上に注目されていく管理栄養士の国家資格が取得できると思い
ます。


タニタ社員食堂で注目の「管理栄養士の国家資格」受験対策とは?

管理栄養士の国家試験を受けたいと思っても、残念ながら誰でも
受ける事が出来る試験ではなく、受験資格が必要となります。

まず、栄養士免許を取得している事が前提となっています。
その上で、即刻受検資格が得られるのが、4年制の管理栄養士養成施設を
卒業した場合です。2年制、3年制、4年制の栄養士養成施設を卒業した
場合には、修業年数プラス実務経験の合計が5年以上で受験資格が得られ
るようになります。

管理栄養士の試験時期は、年1回で例年3月に行われています。

試験科目は、社会・環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、
食べ物と健康、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、
公衆栄養学、給食経営管理論です。
試験は概ね5肢択一のマークシート方式で行われ、厚生労働省の発表では
合格ラインは総得点の60%と言われています。

栄養に関する幅広い知識が問われる試験なので、どうしても暗記に頼り
がちになってしまいます。でも、各科目の知識を丸暗記するだけでは、
応用力を問われる試験問題には対応出来ません。その知識が、一体
どのような状況で必要となり、活用出来るのかを理解する事が重要です。

試験対策としては、出来るだけ多くの状況問題を解くようにし、
問題の状況設定からその対応策を導き出せるようになりましょう。
また、食に関わる社会の出来事や、法改正、制度改正等、管理栄養士
に関わる法律の情報は確実に入手して目を通しておく事も大切です。


タニタの社員食堂が人気となりましたが、社員食堂で実施されていた
地道な活動が社会のニーズとマッチしたのではないかと思います。

管理栄養士のような職種は、普段は地味な職業と言えますが、
ニュースや雑誌等で取り上げられると一気にブームとなりますね。
タニタ社員食堂のレシピも特別なもと言うよりも、むしろ日本で長年
普通に採られていた低カロリーなレシピです。
管理栄養士という立場で、成人病の低減にも役立つようなタニタの
取り組みが出来る人材がこれからも待ち望まれているのでしょう。
posted by 7fukujin at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック