2012年03月07日

妊産婦が就いてはいけない仕事とは?

 妊産婦(妊娠および出産後1年を経過しない女性)が働くとき、
いろんな制約が生じるのは想像できますが、実際どういう仕事に
ついてはいけないのかが、法律で定められています。

妊産婦であることが既に認識されている時、雇用者は妊産婦が
付いてはいけない業務で働かせると、法令違反となります。
妊産婦の場合は付いてはいけない業務が何かを知らずに働いて、
それが原因でご本人や子供は悪影響が出ても困りますので、
妊娠が予想される場合は、妊産婦がついてはいけない業務が
何かであるかと言うことを理解、もしくは確認できるように
しておいた方がよいと思います。


 妊産婦が働いてはいけない業務としては、重い荷物などの
重量物を取り扱う仕事であったり、強い振動を受ける機械の
操作を伴う仕事や有害物の取り扱いなど、胎児や乳児さらに
ご本人にも影響の出そうな業務が該当しています。

妊産婦の中でも出産前の女性に対する制約が最も厳しい内容と
なっています。妊娠中の女性の方で事務以外の体を使う仕事を
する場合は要注意ですね。


◆妊娠中の女性が就いてはいけない業務

・重量物を取り扱う業務。
 18歳以上の場合、断続的に30kg以上の重量物を扱う場合、
 または継続して取り扱う場合は20kg以上の場合、妊婦は
 この仕事に就いてはいけません。

・ボイラーの取扱業務、またはボイラーの溶接業務

・吊上げ荷重が5トン以上のクレーンの運転

・クレーン作業などの玉掛け作業、または玉掛け補助作業

・土木建築における重機運転業務

・港湾における荷役取扱用機械装置の運転業務

・鉄道操作場構内での車両の入替、連結・解放の業務

・直径25cm以上の丸のこ盤に木材を供給する業務

・プレス機械を用いて行う金属加工業務

・岩石の破砕機またはその破砕機に材料供給する業務

・土砂崩れの恐れがある場所での業務

・深さ5m以上の地穴での業務

・高さ5m以上の高所作業

・足場組立または解体作業

・胸高直径35cm以上の立木伐採業務

・鉛、水銀、黄りん等の有害物ガス発生を伴う作業場の業務

・著しい高温環境となる作業場における業務

・著しい低温環境での業務

・異常気圧下における業務

・著しい振動を伴う機械操の業務


 妊産婦が付いてはいけない業務と言うのは、いわゆる3Kと
呼ばれるような体にきつい仕事が中心となっています。
雇用者は知らなかったでは済みませんが、妊産婦も知らなかった
では後悔してもしきれません。仕事をして健康を損ねては意味が
ありませんので、体を使う仕事に従事する予定がある時は、注意
しましょう。


pregnant_02.jpg
posted by 7fukujin at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | マザーズサロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック