スポンサードリンク

2012年03月15日

スマートコミュニティで需要の高い職業とは?

スマートグリッド、スマートメーター、・・・、
最近よく見かける用語に、スマートコミュニティと呼ばれている
環境未来都市に関係するものがあります。

このスマートコミュニティですが、昨年3月11日に発生した
東日本大震災を機に今後加速する可能性が高くなっています。
社会システムの大きな転換期と言えるスマートコミュニティの
時代に直面していますが、同時に今は景気が悪くて超就職難が
何年も続いています。


新しい雇用が期待されるスマートコミュニティですが、関連する
セミナーなども頻繁に開催されています。学生の方でも世の中の
動向を確認する意味で、無料セミナーなどに参加されるのも良い
刺激となるように思います。



スマートコミュニティで需要の高い職業とは?


スマートコミュニティの社会システムについて、まだ一般的では
ありませんので、需要の高まりそうな職業などについてご紹介
させていただきます。

スマートコミュニティでは、まずポイントになって来るのが電気
です。昨年の東日本大震災後の東北地方と関東地方では、多くの
発電所が震災での影響で停止し、電力供給不足から戦後生まれの
人たちには経験の無い計画停電などが実施されました。


インターネット時代の現代では、電気が無くなる(停電)と
仕事も生活も甚大な影響が生じます。電力会社に依存した現行の
電力供給システムだけでは十分でないことを日本が実証した形と
なりました。


東日本大震災を機に、太陽光発電や風力発電といった再生可能
エネルギーの重要度が一気に高くなった感じですね。


自然に優しい再生可能エネルギーですが、弱点もあります。
太陽光発電や風力発電は自然に頼るエネルギーですので、天候
などで発電できるエネルギーが大きく変わります。この大きな
変化が電力の安定供給に障害となるわけです。


スマートコミュニティでは、この個々にはバラバラ状態っと
なっている再生可能エネルギーを全体で大きなプールみたいな
感じで貯めて安定して使えるようなシステム作りを目指して
います。


そのために需要の高くなってくる職業というのは、太陽電池や
風力発電機のようなエネルギー関連産業や通信業が必要なのは
言うまでもありませんが、さらにこのスマートコミュニティでは
家庭の電気料金を計量するメーターがスマートメーターとなり
高齢化世帯をサポートしたりするような用途にも活用の道が開
けていきます。


そうなると、電気や機械の技術屋さんだけでなくて、介護などの
福祉関連のサーボス業界も色んな展開が生まれてきます。
実際どうのような産業が生まれてくるか誰もよくわからない状態
でもありますから、多くの業界の人が情報収集を懸命に行なって
いる状態です。

スマートコミュニティ時代、アニメの世界で見ていたような世界が
実現してくるような感じさえします。先行きがよく分からない時は
自分なりに考えてみることが後で役立ってくると思います。


team01.jpg

posted by 7fukujin at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生の就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/257814118

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。