2012年05月08日

税理士の年収は、いくら位なの?

税理士は難関の国家資格ですから、この資格を活かして
働いている税理士の年収は平均以上だろうと想像されま
すが、職業として税理士を目指す時は具体的な年収額が
知りたくなることでしょう。目

会計事務所などで働いている税理士の年収は、勤務先の
会計事務所が契約しているクライアントによって報酬額
が大きく異なりますので、名の売れた会計事務所に入る
ことが重要なポイントとなるようです。exclamation


税理士の年収は、いくら位なの?

税理士を目指す際に気になるのが、税理士の年収って
いくらぐらいなのかということでしょう。独立開業して
いるのか、雇われ税理士なのかにもよりますが、税理士
の平均的な年収は、男性でおよそ900万円弱、女性で
およそ700万円弱というところのようです。わーい(嬉しい顔)

企業や税理士事務所に雇われている場合には、雇用先の
規模にもよります。また、独立開業している場合には、
まさにピンキリとなります。

3千万円以上の年収がある税理士もいれば、300万円
以下という税理士もいるのが現実です。特に、開業直後
は300万円以下というケースが多いようです。がく〜(落胆した顔)

親も税理士で実績があり、その跡を継いだり、税務署の
職員OBだったりすると、年収が上がりやすいといわれ
ています。ひらめき

2004年に日本税理士連合会が実施したアンケートに
よると、約2万5千人の回答者のうち、年収300万円
未満の方が24%もいたのだとか聞くと、ちょっと驚き
ですね。顧客がどの位いるのかと言うことが、そのまま
報酬である年収額へ反映される厳しさがある業界です。
税理士の場合、顧客が継続して利用してもらえる場合が
多いので、顧客満足度が重要になるのは明らかですね。

税理士になれば高額報酬が期待できるのかと言うと、
単純に税理士になれば稼げると考えるのは、早計かも
しれません。しかし、有力な顧客がクライアントになれ
ば、口コミでクライアント数が伸びることから、高額所
得者になり易いのも事実でしょう。
・3千万円以上の税理士:2.5%
・5千万円以上の税理士:0.8%
・1億円以上の税理士 :0.1%

3千万円以上の高額所得となっている税理士が、全体の
3%以上いることが、人気次第で高額所得者になれるこ
とを物語っています。

税理士は実力次第で上を目指せる職業であります。
税理士としての実力というのは、税務に関する処理能力
はもちろん、対人スキルが大きくものをいいます。顧客
あっての商売ですから、顧客を増やすための営業や顧客
を満足させられるような接客能力も必要です。
中には、経営に関するコンサルティング業務を行ってい
る税理士も少なくありません。そういう税理士であれば
年収もかなり高いことでしょう。


税理士の年収についてご紹介いたしました。
士業は顧客満足度で招集が大きく変わる仕事ですので、
営業が苦手と言う方は会計事務所で働いたり、または
営業が得意な人と一緒に会計事務所を開くなどの選択肢
があると思います。

hands_shake.jpg
ラベル:税理士 年収
posted by 7fukujin at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック