2012年05月10日

高卒で税理士資格を取る方法とは?

高卒でも税理士の国家資格が取れる方法について、
ご紹介いたします。

会社勤めの場合、経営者や経理部門以外の一般の人に
は、税務署との付き合いは確定申告が必要となった時ぐ
らいかも知れませんが、個人事業主のように自分で納税
の管理をしなければならない立場の人にとって、納税は
節税も含めて、重要だけれど面倒な仕事でしょう。

企業などが経済活動を継続する限り、税金などの取扱い
を担当するプロフェッショナルが税理士です。
この税理士資格ですが、学歴が高卒でも受験できるので
しょうか?


高卒でも税理士になれる?

高卒でも税理士になれるのかと言えば、結論からいうと
高卒のままでは税理士試験の受験資格は得られません。

しかし、日商簿記検定1級もしくは、全経簿記検定上級
に合格すると、税理士試験の受験資格を得ることができ
ます。または、職歴によっても、税理士試験の受験資格
が得られるので、税理士試験の受験資格が得られるよう
な就職先を目指すのもいいかもしれません。

例えば、行政機関の会計検査などに関する事務や税務署
などでの事務に通算3年以上従事すると、税理士試験の
受験資格が得られます。国家公務員V種試験に合格して
働きながらコツコツと税理士を目指すというのも、堅実
な人生プランですね。

そもそも税務署職員の場合には、15年以上勤務すると
難易度の低い特例試験に合格するだけで税理士資格を得
られるそうです。税理士になるまでの費用と機会損失を
考えると、高卒で税務署の職員になって、15年以上勤
務する方が賢いのかもしれません。

税理士試験に合格して税理士になった人は、税理士の割
合からすると半分にも満たないといわれています。何年
も勉強して、結局、税理士試験に合格できなかった人も
たくさんいますから、なるべく時間と費用が掛かからな
い方法を取り組んでほしいところです。
リスクの少ない方法を選択したいものですね。


高卒で税務署職員になり、実務経験で税理士受験資格を
えた上で税理士試験に挑戦するというやり方が、税理士
になる最短方法かも知れません。


ラベル:税理士 資格
posted by 7fukujin at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック