2012年05月31日

フリーターでも確定申告が必要なの?

フリーターと正社員では年収が大きく異なるお話をして
いますが、収入に関することで納税についてはどうなる
のかについてお話させていただきます。

納税について、正社員の人は通常は会社側で殆どやって
もらえます。年末調整で高額医療費や住宅ローンの控除
するために必要な書類を用意する程度です。

フリーターの納税については、どうなるのでしょう。

正社員ですと会社の経理や総務がしっかりしているので
税金や保険のことなど何も言わなくても全て手続きして
くれています。しかし、フリーターともなると、そこは
変わってきてしまいます。

そこで疑問となってくるのが、フリーターも確定申告す
べきなのか?ということです。

税金とか保険とか確定申告って、なんだか聞くだけで難
しいイメージがありますし、説明を聞いてもどうせ理解
出来ないんだろうと最初から思ってしまいがちです。

でも、確定申告は実際やってみると分かりますが、心配
する程難しくありません。確定申告の時期には、税務署
が税理士や手続きを手伝ってくれる応援者を臨時職員と
して用意しているので、必要な書類や印鑑を持っていけ
ば、納税の知識が無くても大丈夫です。


両親の扶養に入っているフリーターの方の場合
ご両親の扶養に入っている場合ですと、年間103万円
以上稼いでしまうと扶養から外れてしまいます。さらに
ご両親が納めなくてはならない税金が大きく増えること
になってしまうので注意して下さい。


フリーターの確定申告

フリーターも確定申告が必要なのかという疑問について
の回答ですが、原則として、フリーターの方も確定申告
する必要があります。しかし、真っ当な会社であれば、
たとえフリーターだったとしても、ある程度多く1ヶ月
に稼いでいる場合は、「源泉徴収」という形でしっかり
と税金を納めているはずです。

簡単に言ってしまうと、源泉徴収と言う形で毎月お給料
から所得税を天引きされているであれば確定申告は不要
となります。もしそうなってないのなら、確定申告とい
う形で自分自身で税金を納める必要があります。

確定申告は面倒ですが、場合によっては、確定申告する
ことで納めすぎた税金が返ってくることもありますから
面倒でも毎年した方がいいでしょう。


フリーターと確定申告についてお伝えしました。
フリーターで収入がある場合、税金を払う必要がありま
すが、両親と一緒に生活しているのか、働いている会社
がどう対応しているのかで納税の仕方が異なります。
給与明細で確認して、疑問があれば勤務先に確認した方
がいいと思います。

納税
posted by 7fukujin at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣社員の福利厚生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック