スポンサードリンク

2012年07月08日

医療事務の資格は病院の財務省?

東北地方の高卒生の就職率が良くなっていると
ニュース報道でありました。

昨年は東日本大震災の影響で、就職が決まっていた
人でも、就職先の企業が被災の影響で事業継続が
できず、とても辛い思いをされた人も多かったこと
でしょう。

ゼロからというより、マイナスからの再出発を
された方も多かったと思いますが、一日も早く
元気な東北地方に生まれ変わることを祈念します。


震災などの時には、医療関係のスタッフの活躍が
何よりも望まれるものですが、少子高齢化が勢いを
増して進んでいる日本では、ますます需要が増えて
いくことでしょう。


今まで何度か取り上げていますが、
医療事務の資格について繰り返し見ていきたい
と思います。

医療事務

医療事務の資格は病院の財務省?

医療事務の資格は種類が多いです。
本当にたくさんのいろんな資格があります。

医療事務の資格と一口に言っても、その職種は
多岐にわたり、一例をあげますと、
▼保険請求事務技能検定試験
▼医事コンピュータ技能検定
▼診療報酬請求事務能力認定試験
▼医療秘書技能検定試験
▼医療事務管理士技能認定試験
▼医療保険士
▼医療事務技能審査試験
などがあります。

医療事務の資格の取得を目指すなら、上記にある
ような多くの資格の中で、自分が目指す医療事務の
資格を決めて、その資格を取得するための勉強を
する必要があります。

医療事務資格を初めて取得する場合には、全くの
未経験の場合には、基本的で全般的な医療事務資格
を取得するのがいいかもしれません。

おすすめの医療事務資格は、以下のようなものが
人気となっています。
診療報酬請求事務能力認定試験
 主催:(財団法人)日本医療保険事務協会
2級医療秘書実務能力認定試験
 主催:全国医療福祉教育協会
医療事務管理士技能認定試験
 主催:株式会社技能認定振興協会(JSMA)
医療事務技能審査試験2級
(メディカルクラーク2級)
 主催:(財団法人)日本医療教育財団

特に診療報酬請求事務能力認定試験は、
例えば就職したときなどに医療機関での評価も高く
未経験者だけでなく、経験者の中でも人気のある
資格として、医療事務の資格を目指そうとしている
人たちの中では有名です。

診療報酬請求事務能力認定試験の受験者数は、
1回につき1万人を越えることが普通になって
きています。

ただし、その中で合格できるのは3千人くらいに
留まっています。診療報酬請求事務能力認定試験の
合格率は、毎回約30%と決して簡単に合格できる
試験ではないので、きちんとと試験対策を取り、
勉強する必要があると言えます。


医療事務の資格について、ご紹介させていただき
ました。病院の会計で見ていると分かりますが、
病院で掛かる費用は健康保険の自己負担分のみの
方が殆どですので、保険組合に医療費を請求する
医療事務の仕事は責任を伴う、やりがいのある
仕事と言えますね。

ラベル:医療事務 資格
posted by 7fukujin at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。