2012年10月04日

就活の面会でアピールできる自己紹介とは?

就職活動で面接まで行ければ、採用の一歩前ですね。

それで面接は企業などの採用者側においても
就職希望者をしっかりチェックしてきます。

最終面接では実際採用を希望している部門の責任者が
面接官の中にいる場合が多いのも新人採用が需要な
ことだからでしょう。


面接で上手くいく人、失敗してしまう人

この差は何かに気付いていれば、面接で面接官に
いい印象を与えられるのではないかと思います。


今回は、面接でポイントの一つである「自己紹介」
についてご紹介させていただきます。


就活の面会でアピールできる自己紹介とは?

自己紹介プレゼンは、自分をアピールする上で
とても大切です。

でも、なかなか上手に自己紹介プレゼンができない
という人もたくさんいるのではないでしょうか。

笑顔が大事
自己紹介プレゼンで何よりも大切なのは、笑顔です。

笑顔が大事なの?
と思われるかもしれませんが、笑顔には相手に
ハロー効果があるあるようです。


大きな声ではっきりと
次に、大きな声ではきはきと話すことでしょう。

緊張してしまうのはわかりますが、がちがちに
こわばった顔でぼそぼそと話していたら、印象も
よくないですし、何をいっているのかわかりません。


最低限、この二つには注意してください。

話す内容は、自分らしさと他の人とかぶらないという
ことにポイントをおいて事前に考えておきます。

自分とはかけ離れた内容の自己紹介プレゼンをしても
意味がないですし、ああ、さっきも聞いたなと思われ
るようなありきたりな内容では、相手の印象に残りま
せん。

自分の個性を相手の印象に残るような表現で
アピールしましょう。

ただし、あまり長くなってしまっては逆効果に
なりますのでご注意ください。

簡潔にわかりやすく、できれば、何パターンか
自己紹介プレゼンを用意しておくと、状況に合わせた
アピールができると思います。

また、趣味、特技、性格、出身地などを羅列するより
も、何か一つのテーマについて掘り下げた方が相手の
印象に残りやすいはずです。

自分が自己紹介プレゼンをされる立場ならわかると
思いますが、人間は一度にたくさんの情報を与えられ
ても処理しきれません。

特に興味や関心を持っていないことなら尚更です。

自己紹介プレゼンを終わった後に、自分といえば、
○○だという印象を残すことができれば、大成功
だといえるでしょう。


面接で相手に好印象を与える自己紹介

これが出来れば、就職に限らずビジネスシーンで
あなたの強みとなることでしょう。

自己紹介は学校やサークルなんかでもありますから
学生の方も経験があるかと思います。

それで、自分が記憶に残っている上手い自己紹介
した人の話し方を思い出して見るのも参考となる
かもしれません。

boardroom200909b.jpg

posted by 7fukujin at 12:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 学生の就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

はじめました。
Excerpt: はじめまして、シアンです。 blogを開設して早1週間くらい経ちますが、ようやく始動します(笑 詳しい自己紹介を載せます、 こういう人間だってこと、 分かってもらえたらうれしいです --------..
Weblog: 井の中の蛙、写真を撮る
Tracked: 2012-10-14 23:55