2012年10月19日

雇い主が懲戒解雇する理由

失業となる理由はいろいろあるでしょうが
懲戒解雇で失業となるのは避けたいですよね。


・会社が嫌になって辞める。

・別の仕事したくなったので辞める。

・結婚するので辞める。


仕事を辞めて失業状態となるときの理由ですが
誰でも避けたいと考えるのが『懲戒解雇』です。


懲戒解雇で失業すると、再就職へのハードルが
一気に高くなります。

万が一、失業することになっても避けたい懲戒解雇
ですが、そうならないための予防策を考えるとき、
雇用側の懲戒解雇できる条件を知っておくと対策を
考えるとき役に立つと思います。


◆雇い主が懲戒解雇する理由

まず使用者(雇い主)が労働者(従業員)を解雇
できる理由ですが次の3種類あります。

(1)整理解雇
(2)懲戒解雇
(3)普通解雇


整理解雇はリストラのことですね。

普通解雇は勤務態度や適性や能力を理由に解雇
されるケースです。
一般に言われるところの「使いものにならない」
と判断されたとき、首を切られるのが普通解雇です。


それで、懲戒解雇はどうなっているのかと言うと
「会社の秩序を著しく乱した労働者に対して
 制裁として行われる解雇」をいいます。


懲戒解雇は解雇される当人はもちろんですが、
他の従業員(労働者)に対して、
『この様な事をすると懲戒解雇されますよ』
という見せしめの意味もあるということです。


▼横領
▼不正行為
▼暴力

懲戒解雇となる理由はいろいろありますが、
会社に著しい不利益や損害を与えたというのが
一般的な理由です。


不当な懲戒解雇と言う問題もありますが
これは次回にでもお伝えさせていただきます。
失業となる理由はいろいろあるでしょうが
懲戒解雇で失業となるのは避けたいですよね。


・会社が嫌になって辞める。

・別の仕事したくなったので辞める。

・結婚するので辞める。


仕事を辞めて失業状態となるときの理由ですが
誰でも避けたいと考えるのが『懲戒解雇』です。


懲戒解雇で失業すると、再就職へのハードルが
一気に高くなります。

万が一、失業することになっても避けたい懲戒解雇
ですが、そうならないための予防策を考えるとき、
雇用側の懲戒解雇できる条件を知っておくと対策を
考えるとき役に立つと思います。


雇い主が懲戒解雇する理由

まず使用者(雇い主)が労働者(従業員)を解雇
できる理由ですが次の3種類あります。

(1)整理解雇
(2)懲戒解雇
(3)普通解雇


整理解雇はリストラのことですね。

普通解雇は勤務態度や適性や能力を理由に解雇
されるケースです。
一般に言われるところの「使いものにならない」
と判断されたとき、首を切られるのが普通解雇です。


それで、懲戒解雇はどうなっているのかと言うと
「会社の秩序を著しく乱した労働者に対して
 制裁として行われる解雇」をいいます。


懲戒解雇は解雇される当人はもちろんですが、
他の従業員(労働者)に対して、
『この様な事をすると懲戒解雇されますよ』
という見せしめの意味もあるということです。


▼横領
▼不正行為
▼暴力

懲戒解雇となる理由はいろいろありますが、
会社に著しい不利益や損害を与えたというのが
一般的な理由です。


不当な懲戒解雇と言う問題もありますが
これは次回にでもお伝えさせていただきます。


lost.jpg
ラベル:懲戒解雇 失業
posted by 7fukujin at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 解雇について学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック