2012年12月05日

ハローワークの生活相談コーナーとは?

ハローワークを職業安定所だけしか利用しないのは
損をしていると言われてもおかしくありません。

ハローワークでは、個人で相談すると数万円も費用が
かかる税理士や社会保険労務士に、無料で相談する
機会も設けてもらえます。

このような相談する機会を自分で用意するのは
時間とお金に余裕がない人にも無理だと思います。

それが、ハローワークにあるサービスを申し込めば
職員が相談の対応からサポートまでやってくれます。


もっと、利用してもいいのでは?

と、ハローワークの事、いつも思っていますが
今回紹介させて頂く『生活相談コーナー』も
その一つです。



離職者の中で離職によって住居を失った人、あるいは
失う可能性のある人、雇用保険の受給資格がないとか
受給が修了したために生活費に困っている人などに
ついて安心して再就職のための活動ができるように
住まいや生活の安定を図るための支援制度を紹介して
います。


ハローワークの生活相談コーナーとは?

ハローワークの中にある『生活相談コーナー』ですが

ハローワークで求職活動をしている人たちが
直面すると考えられる様々な問題について、
相談することができるような場を設けようと
開設されたサービスです。


生活相談コーナーでは、国家資格の社会保険労務士や
税理士、それに心理カウンセラーなどが失業中に必要
となる社会保険の手続きや税金の手続き、心理的不安
に関してなどの相談に応じています。

相談は予約制になっています。

1回の相談は20分で、2回を限度としています。

ただし、心理相談に関しては、1回50分となっており
時間的に余裕があり相談しやすくなっています。


残念なこともあります。
生活相談コーナーは、全てのハローワークに
開設されているわけではありません。

東京では「東京就職サポートセンター」や
「ハローワーク品川」、「ハローワーク新宿」、
「ハローワーク池袋」、「ハローワーク墨田」、
「八王子しごと情報館」などにあります。

その他にお住まいの地域で利用したい場合には
住所管轄のハローワークでご確認願います。


外国人労働者にも対応する生活相談コーナー

それから、この生活相談コーナーのサービスですが
対象は日本人だけではありません。

日本国内で働いている外国人にもサービスが提供
されています。

景気の悪化に伴い、多くの外国人労働者の就労状況も
厳しいものとなっています。

こうした厳しい状況に対応するため、外国人向けに
生活相談コーナーを設けているハローワークもあり
ます。


外国人対応が可能な生活相談コーナーでは、通訳を
配置するなどして、外国人労働者の生活全般を支援
できるように職業相談や生活相談にのっています。


ハローワークは職探しだけのところではありません。

仕事や住まいや生活に困っている人は、ハローワーク
の生活相談コーナーを利用してください。
posted by 7fukujin at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ハローワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック