2013年01月07日

FP技能検定とAFP,CFPどちらがいいの?

FP技能検定という資格がありますが、この資格は
ファイナンシャルプランナーとどう違うのか説明
させていただきます。



FP技能検定とファイナンシャルプランナー
お金に関するプロとしては同じですが
資格の認定しているところが違うことから
資格の持ち合わせる権威も異なっています。


FP技能検定で合格した者を
ファイナンシャル・プランニング技士と呼びます。

ファイナンシャル・プランニング技士は、国家資格で
ファイナンシャルプランナーの事です。

ファイナンシャルプランナーの資格は、
【国家資格】のファイナンシャル・プランニング技士
と、もう一つ
【民間資格】のAFPとCFPがあります。


どちらの資格も、ファイナンシャルプランナー
として通用する資格です。

でも、資格の持つ力が違いますので
自分が何をしたいのかによって取得すべき
金融の資格が決まって来ると思います。


したがって、お金に関するコンサルを目指す場合
など目的によってで、資格を取得するときには
その特性や費用の違いなども比較して、
自分に合った資格取得を目指すようにしたほうが
よさそうです。


★FP技能検定のメリット

@資格更新の手続きが不要
FP技能検定は、一度資格取得をすると更新は無し
ですが、AFPとCFPは2年毎に更新があります。

資格更新の度に手続きがあるのって結構面倒です。
一度資格登録すれば、失効しない限り有効な資格は
その点でメリットがあると言えます。


AFP技能検定は資格維持にお金掛らない
AFPとCFPの更新は単位制になっています。
実務と学科の単位をAFPは15単位、CFPは
30単位取得する必要があり、費用もかかります。



FP技能検定とAFP,CFPどちらがいいの?

ファイナンシャルプランナーの資格ですが
国家資格と民間資格ではどちらがいいのかという
質問に対して、

資格を取ることだけが目的であるのでしたら
国家資格のFP技能検定のほうが更新が無いので
良いでしょう。

しかし、仕事として活かしていくとなると資格取得
した後も勉強をしなくては更新できない民間資格の
AFPやCFPは、自分に勉強を自発的に課す上でも
良いようにも思えます。


FP技能検定AFP,CFP
両方とも持っていれば最強ですが、どちらか一方だけ
取得する場合は、資格だけ欲しいのか、実際コンサル
などの仕事で必要なのかで異なってくると思います。

posted by 7fukujin at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック