スポンサードリンク

2013年01月21日

ジョブ・カード制度の職業訓練が受けられる人

ジョブ・カード制度による職業訓練は、訓練を受ける
受講者が現在不利な環境下にいるような場合、国が
制度でその不利な状況を取り除いてくれるような
感じの、ありがたい支援内容となっています。

せっかくこのような就職支援の制度が用意されて
いるのに、利用しない人がいるのは残念です。


役所は民間企業と違って、売り込みはしません。

ハローワークで取扱っている無料職業訓練であっても
電車のつり広告やインターネットのヤフーサイトで
PRしたりすることはありません。

公務員は求めてくる者には、用意されている制度の中で
誠意を持って対応してくれますが、訪ねて来ない人には
何もしてくれないのです。


ハローワークの制度も
「求めよ、さらば与えん」
だと思って行動しなければ、何もしてくれません。



ジョブ・カード制度の職業訓練が受けられる人

ジョブ・カード制度で用意されている職業訓練の
対象者について整理してみました。

▼雇用型訓練
 ▽有期実習型訓練
  ・新規学卒者
  ・正社員経験が少ないフリーター等
  ・パート社員などの非正規労働者

 ▽実践型人材養成システム
  ・新規学卒者で年齢が15歳以上40歳未満の人
  ・パート社員などの非正規労働者で
   正社員へ転換される場合


▼委託型訓練
 ▽日本版デュアルシステム
  ・実践的な職業訓練が必要な求職者


▼公共職業訓練
 ▽離職者訓練
  ・雇用保険を受給できる求職者

 ▽学卒者訓練
  ・高等学校卒業者


▼求職者支援訓練
  ・雇用保険を受給できない求職者


※ハローワークを使い倒しましょう!

ハローワークも役所の一つです。
向こうからは何もしてくれないと思った方がいいです。

どんどん無理な注文をしてやろうぐらいでないと
自分が得したような状態まで至ることができません。

こんなこと言っていいのかな、と思うことでも
言った方がいいと思いますよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。