2013年05月07日

職業訓練校の入校前の試験について

職業訓練校では無料でスキルアップできる訓練を
受けることが可能ですが、そのためには
まず訓練校に入校する必要があります。


公共職業訓練校の場合、雇用保険の基本手当の
受給期間中に、訓練を終えて再就職できることを
目指していますので、訓練校への入校が認められる
人は、再就職と職業訓練に対して心構えが
しっかりできているかチェックされます。


再就職活動中の方が、職業訓練校へ入校する際、
課せられる試験についてお伝えいたします。


◆職業訓練校の試験範囲

【筆記試験】
 筆記試験では職業適性試験が実施されます。
 この試験は選択肢から自分が該当すると思う項目を
 選んで回答するものです。


【アンケート】
 職業訓練校で学ぶ意欲を確認するために
 アンケート形式で意欲の確認が実施されます。

 実は、このアンケートが重要でして、
 筆記試験よりもウェイトが大きいと考えた方が
 いいとハローワークの職員は言っています。


【作文】
 訓練校の中には、作文を課すところもあります。

 作文はその人が考えている再就職への思いや、
 取り組み姿勢などが文章に出て行きますので
 しっかり記述したいところです。


【面接】
 面接は就職した経験があるので、経験済みでしょうが
 質問に対して簡潔に自分の考えを応えられるように
 することが望ましいです。


なお、訓練校の試験における服装は
とくに意識しなくても問題ありません。

スーツの方が慣れているならスーツで、
普段着でも全然問題ありません。
posted by 7fukujin at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 再就職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック