2013年08月27日

30代の再就職で必要となる書類

再就職活動をしている時、いろんな場面で
提出する書類がたくさんありますが、
一体どのくらいあるかと言うと、

基本となる書類として6点ばかりあります。


書類は本人に扶養家族がいるのかどうかなど、
個人の持ち合わせている条件によって異なりますが、
共通して必要となるものも多いと言えます。



30代で再就職すると言う人は、
再就職に必要な書類は企業によって異なりますが、
一般的に下記のような書類が必要となります。


・年金手帳
・雇用保険被保険者証
・源泉徴収票
・給与振込に関する用紙
・扶養控除などの申告書
・健康保険被扶養者(異動)届


年金手帳は、前職を退職した時に
返却されているはずです。

もしくは、自分で保管していたと思いますので、
探してみてください。

雇用保険被保険者証は、前職を退職する時に
受け取るものです。

源泉徴収票は、年末調整に必要な書類で、
これも前職を退職する時に受け取っているはずです。


給与振込に関する用紙は、再就職が決まった場合、
再就職先で用意しているので、給与振込みに必要な
口座情報を記入して、提出しましょう。


扶養控除などの申告書は、税金などに関する手続きに
必要で、企業から渡されます。


健康保険被扶養者(異動)届は、扶養義務のある
家族がいる人だけ提出が必要となります。



企業によって要求される書類

再就職で必要とされる書類は
年金手帳などの必須書類以外にもあります。


もっとも要求される書類は、各企業ごとに
異なりますが、だいたい以下のような書類が
要求されることが多いです。

・健康診断書
・入社誓約書
・身元保証書


事前に書類を用意するのは、時間とお金の無駄
になります。

再就職活動をしていく上で、前職を辞める時に
渡される書類関係などは大切に保管し、
必要になった時は、すぐ出せるようにしておくことが
肝要です。


30代の再就職
ラベル:再就職 必要書類
posted by 7fukujin at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 再就職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック