スポンサードリンク

2013年09月17日

退職する時、受け取る大切な書類とは?

退職時には、色々と受け取る書類がありますから、
忘れずにもらっておくようにしましょう。

退職時にもらう書類は、勤務先や勤務形態によって
異なりますが、いずれの場合でも共通する大切な
ものは以下の4点となります。

◆年金手帳
◆雇用保険加入に必要な書類
◆国民健康保険加入に必要な書類
◆確定申告に必要な書類


各々の書類について説明しましょう。

年金手帳
まず、年金手帳ですが、これは雇用に関係なく
自身がずっと持っていなければならないもの
ですので、退職時は必ず返してもらうように
してください。


雇用保険加入に必要な書類
次に、雇用保険加入に必要な書類ですが、
これは雇用保険被保険者証と離職票のことです。

この書類がないと雇用保険に入れません。
離職票に関しては、すぐにもらうことは出来ない
ので、後日取りに行く必要があります。


国民健康保険加入に必要な書類
それから、国民健康保険加入に必要な書類です。

雇用されている時は健康保険に加入している訳ですが、
これが退職に伴い切れますので、退職に伴って
国民健康保険に切り替えなければなりません。

切り替えるための手続きには、健康保険被保険者資格
喪失証明書が必要になりますので、会社から受け取り
ましょう。


確定申告に必要な書類
最後は、確定申告に必要な書類ですが、
源泉徴収票をもらってください。

源泉徴収票は自営業を始める人は確定申告のために
必要になりますし、再就職する人も新しい就労先に
提出しなければなりませんから、絶対に必要になります。


退職する時にもらう大切な書類についてお伝えしました。
よくあるのが退職する時は、早く辞めたいからと
会社からもらう書類もよく確認しないで、その後
失業保険をもらいにハローワークに行って書類が足りない
となると困ります。

会社にはもう行きたくないから、という理由で
失業保険を諦めるのはもったない話です。

離職表をもらいに会社に行くのが嫌なら、郵送で
送ってもらうように頼んでおけばいいと思います。

もらえるものは、しっかりもらいましょう。

ラベル:退職手続
posted by 7fukujin at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。