2013年10月28日

マンション管理士は需要が高い?

資格には、今は必要なくても将来、再就職する際に
役立つようなものがあります。


マンション管理士の資格についても、
仕事内容はマンション管理のエキスパートですので、
資格だけ先に取っておくと保険みたいに、
いざと言うときに使える資格と言えます。


マンション管理士の資格について、
まずこの資格がどういう資格なのか、
と言うことをご紹介いたします。



マンション管理士ってどんな資格なの?

マンション管理士とは、主にマンションの住人から
寄せられる、マンションの管理に関する相談に
専門的に応じる仕事のことです。

・マンションに居住するための規則、
・トラブルを起こす住人への対応、
・管理組合の運営など、
あらゆることを行います。


マンション管理士が行う仕事というのは、必ずしも
マンション管理士の資格がないとできないということは
ありません。

しかし、きちんと資格を持っていると、
信頼が増すため、持っていた方が良いでしょう。


マンション管理士は国家資格なので、
とても信頼のできる資格とされています。


マンション管理士の資格を活かすことができる就職先
としては、マンション管理会社が一般的です。

また、不動産屋や建設会社、ビル管理会社などでも、
資格を活かすことができる場合があります。


その他、マンション管理組合の顧問として働く道なども
ありますが、マンション管理組合の顧問の場合には、
ある程度の実務経験を経た後、独立するというケースが
多いようです。



都心部では戸建て住宅だった一角が、
大型のマンションになっています。


マンションの数はこれからも増えていきますから、
マンション管理のプロとして、管理会社などから
の求人は期待できるので、少し地味な仕事ですが、
転勤などの心配がしたくない人には向いています。


apatment01.jpg
posted by 7fukujin at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック