スポンサードリンク

2013年11月11日

円満退職したい時は何をすればよい?

自己都合で退職しようと考えている人は、できれば
円満退職の形で辞めたいと思うことでしょう。


辞表をバンと上司に突き付けて辞めるようでは、
失業保険の受給や再就職の際に必要となってくる
書類の受領すらもらい辛くなります。


退職する時は職場の人から惜しがられる声や
今後の活躍を期待される声を聞きながら、
円満退職の形で辞めたいものです。


円満退職したい時は何をすればよい?

会社を辞める際の退職までの流れって、
どんな感じなんでしょうか?


会社の辞め方も人それぞれ違うので一概には
いえませんが、社会人として円満退社を目指すなら、
一般的には次のような流れになるでしょう。


▼まずは、辞めることを直属の上司に伝えます。

法的な規定では二週間前までに伝えることに
なっていますが、会社の規定では1ヶ月前
となっていることが多いです。

仕事の引き継ぎのことなども考えると、
1ヶ月前くらいに伝えた方がいいでしょう。


会社の事情によっては、繁忙期が終わるまで退職を
待ってほしいといわれることもありますが、
これは拒否することができます。

ただ、会社の意向を拒否すると、
円満退社は難しくなってしまうかもしれませんね。


▼退職日が決まったら、退職届を提出します。

退職までの間に、自分が退職しても他の社員や
取引先などに迷惑をかけないように、
関係者に業務の引継ぎを行います。


▼私物の整理
また、デスクやロッカーなど、使用していたスペース
があれば掃除して、私物を持ち込んでいた場合には
持ち帰りましょう。

逆に、会社から支給されていたものは私物にしては
いけないので、名刺、制服などは勤務最終日に
すべて返却します。


▼公的な書類の受領
そして、退職した後すぐ必要となってくる書類を
忘れずに受け取ります。

離職票、年金手帳、源泉徴収票、雇用保険被保険者証
などの必要な書類を受け取ってください。


※自己都合で退職する理由は、人それぞれ異なるで
しょうが、退職によって自分のやっていた仕事が
本当の意味で評価されると言えるような気がします。

最後は円満退職になる方が次の新しい職場でも
上手くいくように思います。


円満退職
ラベル:退職
posted by 7fukujin at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 再就職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。