スポンサードリンク

2013年11月14日

マンション管理士(国家資格)の難易度

マンション管理士の資格試験の合格率は
低いと言われていますが、
合格率が低いからこそ、出来るだけ早いときに
受験して合格しておきたいものです。


国家試験の合格率は資格によって差はありますが、
通信講座大手のユーキャンでの難易度では、
5段階中の4という高さです。


難易度は高いのですが、
標準的な学習期間としては

通信講座利用で7か月とされていますから、
1年前から計画的に準備していけば、
合格を目指せる資格だと思います。



マンション管理士の国家資格難易度は高い?

マンション管理士の試験の合格率は、
2012年の実施結果では9.1%です。

しかし、この9.1%というのは少し高い方で、
毎年大抵7〜8%くらいになっています。


マンション管理士の資格を取得するには、
国家資格のマンション管理士試験を受験して、
合格することが必須です。


受験に必要な条件は特に定められていませんから、
年齢や性別、学歴などに関係なく、
基本的には誰でも受検することができるでしょう。


試験は1年に1回、11月〜12月に
毎年全国の会場で行われており、
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、
福岡、那覇に会場が設けられています。


試験問題は全部で50問出題され、回答方式は
選択式となっていて、四つの選択肢から一つを
選ぶというものです。

選択式とはいっても、出題範囲が非常に広いので、
受験勉強はかなり大変だと言われています。


実際、2012年の試験では、1万6404人の
受験者のうち、合格したのは9.1%の
わずか1498人のみでした。


合格者の年齢は比較的高く、
2012年の場合は平均で45.6歳です。

狭き門ですが、国家資格なのでなくなることも
ありませんし、今後は活躍の場が広がる資格
といえるでしょう。



マンション管理士の資格を目指している方は、
管理業務主任者の資格を合わせて取得できると、
就職の際に注目される可能性が高くなると思います。

実用ボールペン字

posted by 7fukujin at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/380205413

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。