スポンサードリンク

2013年11月28日

建築士になるための勉強方法

建設業界で絶対的な信頼度のある資格が
1級建築士ですが、2級建築士の資格と合わせて、
建築士になるためには大学の建築学科に進学するのが
一般的ですが、大学以外でも独学や通信教育でも
建築士なることもできます。


これから進学する人なら、大学か専門学校で
建築士コースを目指すのがやりやすい方法でしょう。

また、働きながら建築士の資格取得を目指す場合は、
学校に通うう時間が取れないことから、自分ひとりで
できる独学や通信教育を選択することになるでしょう。



建築士になるための勉強方法

建築士試験に合格するための勉強方法には、
大きく分けて三つあります。

・学校に通う
・通信教育
・独学

これらの三つです。

まず、一つめの学校に通う方法ですが、
これが一番一般的な勉強の方法です。

学校に通って、専門的な知識を身に付けたり、
技術を取得したりしていきます。

二つめの通信教育は、選択する人は少数ながら、
費用が安く済むのが魅力です。

送られてくる教材をスムーズにこなしていくことが
求められます。

しかし、製図の技術を通信教育で身に付けるのは、
かなり難しいでしょう。

三つめの独学は、
学校にも通わず、通信教育も受けずに、
一人で勉強する方法です。


人にきくことが困難なので、用語集を用いて、
分からない言葉をすぐに調べられるように
しておきましょう。


ただし、製図の勉強を独学で進めていって、
試験に合格することはほぼ不可能だといわれています。

というのも、製図に関しては、その年の教材がないと、
試験対策の勉強ができないのです。


周りに、その年の教材をコピーさせてくれるような
人がいないと難しいと思われます。


学校に入って建築士目指して勉強する場合は、
同級生たちと色んな情報共有ができますが、
個人ひとりで勉強していく場合は、
孤独になりやすいので仲間がいると心強いと思います。


一級建築士
タグ:建築士
posted by 7fukujin at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/381359439

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。