スポンサードリンク

2012年11月21日

雇用保険受給の手続き(手続き全般の進め方)

失業したら、ハローワークで雇用保険を申請する。

ということは、頭では理解しているつもりでも
実際に失業してみないと、何から手を付けていいか
迷うことでしょう。

定年退職で会社を辞める時にも、雇用保険の申請は
できますから、その時になって慌てるよりは
何をするかくらいは紙に印刷して持っていた方が
いいような気がします。


今回は「雇用保険の基本手当」の手続き全般について
お伝えさせていただきます。


雇用保険受給の手続き(あらまし)

雇用保険の基本手当(失業給付)は、今まで会社などで
働いていた人が、再就職までの生活に困らないように
する目的で用意されています。

アルバイトしかしたことのない人は対象外など
雇用保険の基本手当には当然ながら条件が設定
されています。

失業給付が支給される条件

【条件1】
 ハローワークの窓口で求職の申込みを行った後
再就職目指してハローワークの職員と一緒に積極的に
取り組んでいるにもかかわらず、就職先が決まらず
失業状態となっていること。

【条件2】
 離職の日(会社を辞めた日)以前の2年間に
雇用保険の被雇用者期間が通算で12か月以上
あること。

【条件3】
 条件2の特例的なものです。
(離職した理由が会社の倒産や解雇の場合)
 離職の日(会社を辞めた日)以前の1年間に
被保険者期間が6か月以上あること。


失業給付が支給されるのは

 【条件1】と【条件2】の両方、もしくは

 【条件1】と【条件3】の両方

の条件を満たしている人です。


失業給付の給付日数

雇用保険の失業給付日数は3か月(90日)から
12か月(360日)の間で、申請者の雇用保険の
過去記録から決められます。

厳しい雇用状況下では、3か月で再就職先を見つけて
内定をもらうのは大変かもしれませんが、12か月
あるからと思っていても、1年なんてあっという間に
過ぎるので、再就職活動はハローワークの職員と相談
しながら積極的にやるのが得策ですね。


失業給付はいくらもらえるの?

雇用保険の失業給付金は、基本手当の計算が
「基本手当日額」として計算されます。

会社を辞めた日(離職日)の直前6か月における
賞与等を含まない賃金日額の50%〜80%が支給額
となります。

賃金日額は、欠勤等がない普通の勤務状態であれば
離職日の直前6か月のボーナスを除いた支給額を
180日で割ると考えておけばいいかと思います。

なお、60〜64歳の方は支給額の上限が異なり
45〜80%となります。


P.S.
転ばぬ先の杖

という諺がありますが、失業給付のことなんて
考えた事のない人の方が実際当事者となって
困惑してしまうことがあります。

それとは逆に、失業給付のことを理解して
自分はいくらもらえるは知っているような人は
もし失業となっても満額もらえることでしょう。

posted by 7fukujin at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ハローワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

スピード紹介とハローワーク関係

スピード紹介」って聞いたことありますか?


何となく意味は想像できますが
実際何をしているのか分らないと思います。


スピード紹介はハローワークのサービスです。

ハローワークには就職支援のための
色々なサービスが用意されていますが
スピード紹介についてはどうでしょうか。

hands_shake.jpg


ハローワークの「スピード紹介」とは?

ハローワークで行っているサービスに「スピード紹介」
というものがあります。

これは働きながら、次の職場を探している人や
忙しくて時間が取れないといった人に便利な
サービスとなっています。


ハローワークで再就職支援をしてもらうときは
求人情報から良い求人を見つけたらハローワークから
企業に連絡をとってもらい「紹介状」を発行して
もらいます。

この紹介状をもらえることこそがハローワークの
メリットとも言えます。

企業側にしてみれば、ハローワークから助成金を
受け取っているケースもあり、紹介状のある人を
何の理由もなく断ることはできません。

つまり電話の段階で断られることがなく、面接までは
行けるということになるのです。

しかし紹介状を発行してもらうには、ハローワークの
窓口を通さなければいけません。

もちろん窓口で就職に関して相談をしたり
アドバイスをもらったりしてから紹介状をもらうのが
一番いいのですが、忙しい人やあまりにも窓口が
混みすぎていて時間が掛ってしまう場合には不便で
困ります。

そういうときに「スピード紹介」を利用すれば
窓口で職業相談をすることなく紹介状だけを発行
してもらうことができるのです。


スピード紹介を利用するのは、事前にインターネット
サイトから、めぼしい求人情報をチェックしておいて
求人番号さえ調べておけば紹介状を発行してもらえる
のですから便利ですよね。

これこそが、ハローワークで待ち時間を短縮できる
方法なのです。

ハローワークによって専用のスピード紹介コーナーを
設けているところがあるのでここを利用して紹介状を
ゲットすればさらに時間短縮をすることができます。


スピード紹介コーナーでも番号札をとって順番を
待たなければいけませんが、職員との対面がないので
ずいぶん早く順番が回ってきます。


P.S.
ハローワークのスピード紹介についてご紹介させて
いただきました。

再就職などでは、一日でも早く就職先が見つかるのが
誰でも願っていることなので、このサービスは是非
利用してほしいです。
posted by 7fukujin at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ハローワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

ハローワーク【キャリア交流プラザ】とは?

再就職を考えている人は、まず最初にハローワークで
求職申込をされると思いますが、それと並行して
スキルアップを目指す人は、職業訓練校で自分の希望と
一致する訓練コースを探すことになるかと思います。


一方で、技術や技能を持っておられる方は
自分の能力や経験が活かせる企業を希望される方が
多いですが、技術の変化が早くなっているので
苦労されていることでしょう。


再就職を検討されている方で、自分にはキャリアが
あると思っておられる方は、ハローワークの
キャリア交流プラザでの活用が向いていると思います。


ハローワーク【キャリア交流プラザ】とは?

「キャリア交流プラザ」とは
ハローワークの関連施設で全国15都市にあります。


中高年専用の再就職支援を行っているところで、
3ヶ月という期間が限定されているところです。

キャリア交流プラザでは3つの再就職支援プログラム
を用意しています。

【1つ目】が「ホワイトカラーコース」で
ホワイトカラー職種に対して再就職を希望する
45歳以上60歳未満の人を対象としています。

定員は50名です。


【2つ目】が「壮年技術者コース」で
技術職への再就職を希望する30歳以上45歳未満の
人を対象としています。

定員は30名です。


【3つ目】が「中高年齢者コース」で
前の会社を離職してから1年以上経っている
45歳以上60歳未満の人を対象としています。

定員は50名です。


ハローワークのキャリア交流プラザへの応募資格は
ハローワークで求職登録をしている人
そして上記条件に当てはまる人が対象となっています。

各コース毎月募集があります。
応募者多数の場合は抽選となります。


◆キャリア交流プラザの進め方

キャリア交流プラザでは、最初に7日間
集中就職活動支援セミナーを受けることになります。

職業能力をレベルアップすること、就職活動をする
上で必要となる知識やテクニックを身につけるために
行います。

週1回で合計5回の情報ガイダンスセミナーが
用意されています。

就職活動支援セミナーで勉強したことを踏まえ
さらにレベルアップします。

10回以上経験交流会を行って、会員同士で企業に
関しての情報や応募に関して意見交換をします。

会員同士の交流、求人情報の交換がメインとなります。
カウンセラーによる個別相談も行っています。


P.S.
ハローワークのキャリア交流プラザについて
ご案内させていただきました。

技術や技能を所有している方は、キャリアに
こだわり過ぎると再就職に支障をきたしますが
できる事ならキャリアが生かせる職場がいいですよね。

posted by 7fukujin at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ハローワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

利用者が少ないハローワークのトライアル雇用とは?

ハローワークの再就職支援サービスで、一般的には
あまり知られていないもので
   「トライアル雇用」があります。


名前を聞いただけで、内容が概略分るものと
説明を聞かなければ、一体何をしてくれる
サービスなのか見当がつかない場合があります。


それで、トライアル雇用はどうなのかと言うと
分かり難いですね。



利用者が少ないハローワークのトライアル雇用とは?

一定条件を満たす就職希望者に対して
ハローワークが行っているものに
 「トライアル雇用」というものがあります。

トライアル雇用の対象者は、以下の条件に該当する
方たちとなります。

 「45歳以上の中高年齢者」
 「35歳未満の若者」
 「母子家庭の母親」
 「障害者」
 「日雇労働者」
 「ホームレス」などです。


トライアル雇用の特徴は、3ヶ月間という期間限定で
実際の企業で働いてみるというものです。

この3ヶ月の間にトライアル雇用の対象者と企業側とで
希望条件に対しての適性などを見極めて採用するか
どうかを決めるというシステムです。

企業側と求職者のお見合いの場といった感じです。


働く側にとっても、企業の仕事内容や職場の雰囲気、
人間関係など3ヶ月もあれば会社の事情をだいたい
知ることができるためいい機会になります。

労働者側にとっても企業側にとってもあとから
「こんなはずではなかった」と思うことがないのです。


対象年齢に該当する人はうまくトライアル雇用を
活用して、後悔しないように有意義な転職や就職を
してください。

現在の利用状況は、35歳未満の若者を対象とした
ハローワークが多いようです。

詳しくは自宅の住所管轄にあるハローワークへ
お問い合わせをしてください。


トライアル雇用では、企業側に本採用を
義務付けしてはいません。

しかし厚生労働省は本採用を前提としていることを
理解してできる限り本採用できるように努力してほしい
と言っています。

トライアル雇用期間中は企業側に労働者1人あたり
4万円の奨励金が国から出るため、雇用する側にかかる
負担も多少は軽減されています。



P.S.
ハローワークのトライアル雇用制度について
ご紹介させていただきました。

この制度の紹介は以前にもしていますが、まだまだ
利用状況は低いようです。

何度もお伝えしていますが、ハローワークのような
公的機関ではサービスの積極的なPR活動は
民間企業から比べるとやっていないようなものです。

せっかく制度として用意されているのですから
条件が合う人は活用してほしいと思います。

posted by 7fukujin at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ハローワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

再就職先を早く探せる支援センターとは?

失業している人にとって、再就職先をいかに早く探して
雇用契約までもらえるかが最も重要なことですが、
最近の厳しい雇用環境ではなかなか難しいので苦労
されていると思います。

雇用保険の基本手当が支給されている間に再就職先を
決められなければ生活自体が危機に直面してきます。

就職活動は焦れば焦るほど、考えるゆとりがなくなり
不利な条件で妥協したのでは後で後悔します。


再就職先を早く探して契約まで面倒を見てくれる
サービスは、ハローワークにあります。

ハローワークには、色々な再就職支援のサービスが
用意されていますが、公共機関であるためPR活動は
あまりやっていません。

早く再就職先を見つけたい人にお勧めなのが
早期再就職支援センターです。


再就職先を早く探せる支援センターとは?

ハローワークのサービスに
「早期再就職支援センター」というものがあります。

早期再就職支援センターについては、ハローワークの
ホームページ上でも説明されていますが、その名の通り
早期に就職を希望する人を支援するものです。


会社を辞めて雇用保険を受給している人の場合、
失業給付が通常3ヶ月から10ヶ月くらいあります。

失業給付のある期間は、あまり積極的な求職活動を
しないで失業給付が終わるころ本格的に求職活動を
する人をよく見かけます。

こうなると就職しなければいけないという必要に
迫られて求職活動をすることになって結果として
不本意な再就職をして、短期間の内に、また離職する
ことになりかねません。

ですから雇用保険を受給する人は、受給期間中に
計画的に活動をしていくことが再就職への早道となり
安定した就職先を見つけることができることに繋がる
のです。


早期再就職支援センターでは、雇用保険受給者を対象
として、早期に再就職を希望している人へ就職支援
アドバイザーが個別相談をマンツーマンで行いながら
就職まで一貫して支援を行ってくれます。


大まかな流れとしては、

 @「相談」をして
 A「キャリアの見直し」を行い、
 B「希望条件の検討」をして、
 C「履歴書や職務経歴書」を作成して、
 D「面接訓練」を行い
 E「応募」することになります。


相談する担当者は担当制になっているため最初から
最後まで同じ担当者がみてくれます。

ここで助かる事として、相談は完全予約制のため、
待たされることなくスムーズに実施されることです。

相談時間は1回30分から1時間ほどで、
週に1回から2回実施されます。

相談の最後に次回の予約を入れることになるため、
次回以降も待たずに利用することができます。


対象となるのは、失業保険給付の申込みを行ってから
概ね1ヶ月以内に再就職を希望する人です。

そして早期再就職支援センターで行われるプログラムを
受講することができて、定期的に週1回くらいのペース
で相談に来所できることが必要です。


早期再就職支援センターは日本全国の都道府県に
あります。管轄のハローワークへ問い合わせをすれば
所在地を教えてもらうことができます。



P.S.

雇用保険の支給が切れる日が近づいてくると
再就職先が決めっていれば問題ありませんが、まだ
決まっていなければ焦る気持ちで押しつぶされそうに
なってしまいます。

ハローワークに登録したら、早期再就職支援センター
にも登録して気持ちのゆとりを持って就活できれば
効果的だと思います。
posted by 7fukujin at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ハローワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。