スポンサードリンク

2012年08月11日

職業訓練校で募集されるIT活用訓練コース(H24後半)

ポリテクセンターなどの公共職業訓練校で
今年度(平成24年度)後半に募集される予定の
IT活用訓練コースをご紹介します。

IT関連の職業訓練は、民間の専門校などで実施される
場合が多いのですが、公共職業訓練校でも実施される
ときがあります。

(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構の傘下にある
ポリテクセンターなどの公共職業訓練校の指導員は
電気・電子・通信等の指導ができる先生はいますが
IT活用のような技術革新がとても早い分野では
指導員の確保が難しいのは無理がないことです。


しかし、ITに強い指導員がいればポリテクセンター
でもIT活用訓練が実施されるのですね。

平成24年度の後半で募集が予定されている公共の
職業訓練校は少ないですがあります。

もし、住所が近いところにある方でしたら
ポリテクセンターでIT活用訓練の受講も検討された
方がいいと思います。

民間の委託訓練先である職業訓練校でも、もちろん
学べますが、公共職業訓練校の特徴は訓練時間外でも
講師の都合がつけば、疑問点などマンツーマン的に
聞いたりすることができます。

ポリテクセンターの先生は公務員ですので、時間外で
あっても、質問に来てくれるような熱心な生徒は無視
したりしません。逆に熱心な生徒には訓練コースに
ないような事まで教えてくれたりしますから活用しない
ともったないくらいです。


◇IT活用訓練の平成24年度後期コースです。

栃木職業訓練支援センター
(ポリテクセンター栃木)

訓練科名:電気設備・IT活用コース(6ヶ月コース)
訓練内容:電気設備の設計、施工ができる技術や
     光ファイバ等の通信設備の工事について
募集人数:30人
訓練期間:平成24年11月 1日〜平成25年 4月25日
募集期間:平成24年 9月 3日〜平成24年 9月28日

訓練期間:平成25年 2月 1日〜平成25年 7月25日
募集期間:平成24年12月 3日〜平成24年12月28日
受講条件:ハローワークに求職申込みした求職者
受講料 :無料
教科書代:15,000円以内


埼玉職業能力開発促進センター
(ポリテクセンター埼玉)

訓練科名:生産ITエンジニア科(6ヶ月コース)
訓練内容:工場の自動生産システム構築に必要な
     シーケンス制御、PLC制御、さらに
     電気設備の設計、施工ができる技術や
     ネットワーク技術などの知識と技能が
     習得できます。
募集人数:15人
訓練期間:平成24年12月 3日〜平成25年 5月31日
募集期間:平成24年 9月 3日〜平成24年10月11日

訓練期間:平成25年 2月 7日〜平成25年 8月29日
募集期間:平成24年11月 1日〜平成24年12月 6日
受講条件:ハローワークに求職申込みした求職者
受講料 :無料
教科書代:5,000円〜15,000円程度


新潟職業能力開発促進センター
(ポリテクセンター新潟)

訓練科名:生産IT科(6ヶ月コース)
訓練内容:工場の生産ラインにある機械設備などの
     保全ができる技術を学びます。
     最近の生産設備は、IT技術が満載です
     から生産ITエンジニアは需要の高い
     スキルとなります。
募集人数:18人
訓練期間:平成24年10月 3日〜平成25年 3月29日
募集期間:平成24年 8月 1日〜平成24年 9月10日

訓練期間:平成25年 1月 8日〜平成25年 6月28日
募集期間:平成24年11月 1日〜平成24年12月10日
受講条件:ハローワークに求職申込みした求職者
受講料 :無料
教科書代:実費


石川職業能力開発促進センター
(ポリテクセンター石川)

訓練科名:生産ITエンジニア科(6ヶ月コース)
訓練内容:工場の生産ラインシステム構築に必要な
     ネットワーク、プログラミング、データ
     ベース技術の習得してPLC等を用いた
     規模システムの技術・技能が習得できる
     訓練となります。
募集人数:16人
訓練期間:平成25年 3月 1日〜平成25年 8月27日
募集期間:平成25年 1月 7日〜平成25年 2月 7日

訓練期間:平成25年 1月 8日〜平成25年 6月28日
募集期間:平成24年11月 1日〜平成24年12月10日
受講条件:ハローワークに求職申込みした求職者
受講料 :無料
教科書代:約12,000円

生産IT
posted by 7fukujin at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆全国の職業訓練校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

ビル管理【訓練コース】が実施される職業訓練校

ビル管理が実施される職業訓練校をご紹介します。

ビル管理はどちらかと言えば地味な仕事ですが
働く職場としては、公共施設からマンションまで
市場規模は大きいので、求人の途切れることがない
ことから安定した仕事が探せます。

交代制の職場も多いので、夜勤は嫌だという方には
あまり向いているとは言えませんが、夜勤は時給が
高いのに仕事は監視中心なので、仕事自体は楽な
仕事だと言えるでしょう。


ビル管理の仕事をするためには、建物保全に関係する
「空調設備」「給排水設備」「防火設備」
などの知識と技能が必要となってきます。

職業訓練校でビル管理を学ぶ時は、ビル管理科の
訓練コースとなります。

ビル管理科の訓練コースは、6ヶ月コースが主流と
なっていますので、職業訓練校を終了出来れば
ビル管理を請け負っている企業への就職率は高く
なることが期待されます。

ビル管理の訓練コース


ビル管理科の募集がある職業訓練校
平成24年8月時点で、ビル管理科に募集がある
職業訓練校です。

◆旭川職業能力開発促進センター

訓練科名:ビル管理科(6ヶ月コース)
募集人数:30人
訓練期間:平成24年10月 2日〜平成25年 3月29日
募集期間:平成24年 8月 1日〜平成24年 8月24日

訓練期間:平成25年 1月 8日〜平成25年 6月28日
募集期間:平成24年11月 1日〜平成24年11月22日
受講料 :無料(但し、雇用保険受給者が対象)
教科書代:10,000円〜25,000円


◆函館職業能力開発促進センター

訓練科名:ビル管理科(6ヶ月コース)
募集人数:16人
訓練期間:平成24年10月 3日〜平成25年 3月29日
募集期間:平成24年 8月 6日〜平成24年 8月24日

訓練期間:平成25年 1月 4日〜平成25年 6月29日
募集期間:平成24年11月 5日〜平成24年11月22日
受講料 :無料(但し、雇用保険受給者が対象)
教科書代:2,000円〜10,000円


◆岩手職業能力開発促進センター

訓練科名:ビル管理科(6ヶ月コース)
募集人数:20人
訓練期間:平成24年10月 2日〜平成25年 3月29日
募集期間:平成24年 8月 1日〜平成24年 8月29日

訓練期間:平成25年 1月 8日〜平成25年 6月28日
募集期間:平成24年11月 7日〜平成24年11月28日
受講料 :無料(但し、雇用保険受給者が対象)
教科書代:約7,000円


◆秋田職業能力開発促進センター

訓練科名:ビル管理科(6ヶ月コース)
募集人数:18人
訓練期間:平成24年10月 3日〜平成25年 3月29日
募集期間:平成24年 7月25日〜平成24年 8月28日

訓練期間:平成25年 1月 8日〜平成25年 6月27日
募集期間:平成24年10月24日〜平成24年11月27日
受講料 :無料(但し、雇用保険受給者が対象)
教科書代:10,000円程度


◆加古川(兵庫県)職業能力開発促進センター

訓練科名:ビル管理科(6ヶ月コース)
募集人数:16人
訓練期間:平成24年11月 1日〜平成25年 4月25日
募集期間:平成24年 9月 3日〜平成24年10月 9日

訓練期間:平成25年 2月 5日〜平成25年 7月25日
募集期間:平成24年12月 3日〜平成25年 1月11日
受講料 :無料(但し、雇用保険受給者が対象)
教科書代:9,000円


◆和歌山職業能力開発促進センター

訓練科名:ビル管理科(6ヶ月コース)
募集人数:18人
訓練期間:平成24年12月 4日〜平成25年 5月31日
募集期間:平成24年10月 5日〜平成24年11月 2日

訓練期間:平成25年 3月 5日〜平成25年 8月29日
募集期間:平成25年 1月 4日〜平成25年 2月 1日
受講料 :無料(但し、雇用保険受給者が対象)
教科書代:約10,000円


◆島根職業能力開発促進センター

訓練科名:ビル管理科(6ヶ月コース)
募集人数:15人
訓練期間:平成24年12月 4日〜平成25年 5月29日
募集期間:平成24年10月 5日〜平成24年11月 8日

訓練期間:平成25年 3月 1日〜平成25年 8月29日
募集期間:平成25年 1月 4日〜平成25年 2月 7日
受講料 :無料(但し、雇用保険受給者が対象)
教科書代:10,000円〜30,000円


◆広島職業能力開発促進センター

訓練科名:ビル管理科(6ヶ月コース)
募集人数:20人
訓練期間:平成24年10月 2日〜平成25年 3月29日
募集期間:平成24年 7月30日〜平成24年 8月31日

訓練期間:平成25年 1月 8日〜平成25年 6月27日
募集期間:平成24年11月 5日〜平成24年11月30日
受講料 :無料(但し、雇用保険受給者が対象)
教科書代:約20,000円


◆香川職業能力開発促進センター

訓練科名:ビル管理科(6ヶ月コース)
募集人数:18人
訓練期間:平成24年10月 4日〜平成25年 3月29日
募集期間:平成24年 8月 6日〜平成24年 8月24日

訓練期間:平成25年 1月 8日〜平成25年 6月28日
募集期間:平成24年11月 7日〜平成24年11月25日
受講料 :無料(但し、雇用保険受給者が対象)
教科書代:テキスト代と作業着代が必要


◆飯塚職業能力開発促進センター(福岡県)

訓練科名:ビル管理科(6ヶ月コース)
募集人数:16人
訓練期間:平成24年10月 5日〜平成25年 3月29日
募集期間:平成24年 8月 1日〜平成24年 8月31日

訓練期間:平成25年 1月 8日〜平成25年 6月28日
募集期間:平成24年11月 1日〜平成24年11月30日
受講料 :無料(但し、雇用保険受給者が対象)
教科書代:約9,000円


◆ポリテクセンター鹿児島
訓練科名:ビル管理科(6ヶ月コース)
募集人数:17人
訓練期間:平成24年10月 2日〜平成25年 3月29日
募集期間:平成24年 8月 9日〜平成24年 8月29日

訓練期間:平成25年 1月 8日〜平成25年 6月28日
募集期間:平成24年11月 8日〜平成24年11月28日
受講料 :無料(但し、雇用保険受給者が対象)
教科書代:実費徴収
posted by 7fukujin at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆全国の職業訓練校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

電気系資格試験コースのある職業訓練校

電気・電子系の資格試験受験に対応している
職業訓練校で、平成24年度の訓練生募集が
予定されている訓練校を紹介します。


職業訓練校で学ぶことができる電気系の資格という
のは、電気設備や通信工事の設計、施行、保守等の
仕事を行う上で必要な資格が中心となります。

もう少し具体的に説明しますと
ビルや住宅を建設する時、建築工事は建物自体を
造る仕事ですが、建物だけでは使えません。

建物を使うためには、電気・水道・ガス
などのライフラインに関係してくる設備が整って
いる必要がありますが、そのような電気設備や
水道工事を行う必要があります。

照明やコンセント、インタネット用のLAN工事
のような電気設備を設計して工事する仕事や
そのような電気設備の検査を専門に担当している
企業などもあります。

また、家庭でも設置が義務付けられた火災報知器
などの消防設備を専門に手掛ける企業もあります。


前置きが長くなりましたが
求職活動中の方で、電気・通信関係の仕事に
関心がある人に向いている訓練コースです。


◇実施訓練校
茨城職業能力開発促進センター

訓練科名:電気通信施工技術科(6ヶ月コース)
募集人数:18人
訓練期間:平成24年10月 2日〜平成25年 3月29日
募集期間:平成24年 7月27日〜平成24年 8月29日

訓練期間:平成25年 1月 7日〜平成25年 6月28日
募集期間:平成24年10月19日〜平成24年11月20日
受講料 :無料(但し、雇用保険受給者が対象)
教科書代:3000円程度


いわき職業能力開発促進センター

訓練科名:電気設備科(6ヶ月コース)
募集人数:15人
訓練期間:平成24年 9月 4日〜平成25年 2月28日
募集期間:平成24年 7月26日〜平成24年 8月 9日

訓練期間:平成25年 3月 1日〜平成25年 8月29日
募集期間:平成25年 1月24日〜平成25年 2月 7日
受講料 :無料(但し、雇用保険受給者が対象)
教科書代:10,000円程度


職業訓練校で電気設備科の募集がされている訓練校
についてご案内いたしました。

電気設備の仕事をする上で持っておきたい公的資格
としては電気工事士や電気工事施工管理技士、
消防設備士などがありますが、電気工事士にしても
1級は実務経験が必要となりますので、まず2級を
取得して、就職先で実務経験を重ねた上で1級を
取得するというようなスキルアップの長期的な計画
も必要ですね。


電気設備の資格
posted by 7fukujin at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆全国の職業訓練校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

不動産鑑定士の職業訓練校

ビルや住宅を建てたりする時、必ず関係してくる事
として不動産の取り扱いがあります。

一般の人の場合、不動産の事が関係してくるのは
住宅を建てたり購入する時でしょう。

さらに頻度は少ないですが、遺産相続が発生した時が
該当しますね。

ところで、不動産には路線価などで言われるような
不動産の持っている評価額が付けられています。

不動産の価値を判断するのが「不動産鑑定士」
となります。

この不動産鑑定士の資格ですが、国土交通省の管轄下
にある国家資格となります。

不動産鑑定士の資格は、不動産を鑑定する業界では
必須となる資格で、この資格を持っている人でないと
不動産の価格を鑑定できないことから独占的な強みを
持っている国家資格となっています。

したがって、不動産鑑定士の年収は平均で623万円と
高めの報酬がもらえる業種となっています。


不動産鑑定士の職業訓練校

不動産鑑定士になるためには、合格率10%前後
という難関の国家試験に合格する必要があります。

不動産鑑定士の資格試験は、論文式の問題もあります
から、受験対策としては専門教育を指導してくれる
職業訓練校に通った方が確実な方法だと思います。

不動産鑑定士の資格取得を目指した職業訓練校では
12か月間(1年間)で設定されたコースが主流と
なっているようです。

通学しながら教室で学習したい人には、時間帯も
昼間だけでなくて夜間コースもありますから
仕事をしながら不動産鑑定士の資格取得を目指す
ことも可能です。

また、家で独学で勉強したいけど参考書などが欲しい
と言う人には、不動産鑑定士のeラーニングでの
勉強方法も選択肢としてあります。


不動産鑑定士の職業訓練校は、受講者が少ないためか
受講料は40万円程度となっています。

もっとも、不動産鑑定士の資格を取得できれば
不動産鑑定士として高額報酬が期待できますし
将来、独立開業も目指せますので、必要経費と
考えられますね。

不動産鑑定士の資格

posted by 7fukujin at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆全国の職業訓練校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

非公開の職業訓練校とは?

職業訓練が非公開で実施されている所があります。

その訓練校では、訓練中はおしゃべりもなく
一見とても真面目な訓練校に見えますが、
雰囲気は緊張感が漂っています。


職業訓練が実施されている所は、一般的には
職業訓練校や企業内であったりします。

非公開で実施されているところは
刑務所や少年刑務所です。


職業訓練指導員の就職先は、厚生労働省傘下の
独立行政法人「高齢・障害・求職者雇用支援機構」
の職業訓練校が主流ですが、法務省の管理する
刑務所にも継続的に就職しています。

国家公務員という立場は似ていますが
訓練を受ける生徒の立場が全然違います。


一般の訓練校では、生徒が居眠りしていたり
おしゃべりしていたりと、普通の学校と同じですが
刑務所の訓練は事情が異なります。


刑務所で職業訓練を教えている人に話を聞いた
ことがありますが、口調はすべて命令口調で
言わないとダメだということです。

「お前、これを○○○しろ。」

のように、強い命令口調で言わないと言うことを
聞かないようです。

それに、訓練中は常に緊張状態でいなければ
いつ刺されるか分らないとも言っていました。


安定した職場ですが、常に緊張を強いられる厳しい
労働環境下となるのが特徴と言えます。

刑務所の職業訓練
posted by 7fukujin at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆全国の職業訓練校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。