スポンサードリンク

2013年10月03日

不当解雇されたとき、どうすればよい?

突然、会社からクビと告知されたら・・


この場合、どうすればいいのでしょうか。


いきなりクビだといわれたら、誰でもショックで
呆然としてしまいますよね。


米国の映画やドラマなどでは、ボスから突然
「君はクビだ」と告知され、
私物の荷物を抱えて職場を出ていくシーンを
見かけたりしますが、日本ではまだそこまでの
風景は見かけません。


いつクビになってもおかしくないような勤務態度
だったのならともかく、思い当たるような理由が
ない場合には、戸惑いとショックでどうしていいか
わからなくなるかもしれません。


突然解雇通知される時で、自分では理由が
思いつかない時は冷静に対処する必要があります。


労働者は法律によって守られているので、会社から
一方的に解雇を言い渡すことはできないのです。

それがたとえ業績不振による整理解雇であっても、
「整理解雇の4要件」が満たされていなければ、
不当解雇となります。


整理解雇の4要件とは、
・人員整理の必要性
・解雇回避努力義務の履行
・被解雇者選定の合理性
・手続の妥当性です。


実際の判例では必ずしもこの4要件の全てを満たして
いる必要はないようですが、それでも解雇理由が不当
だと感じるなら争う価値はあるでしょう。


解雇理由が不当であれば、解雇は無効になります。


解雇が無効になるとはいっても、現実的に
その会社で働くのは難しいですよね。

ただ、それ相応の示談金をもらうことはできますから、
労働問題に強い弁護士に相談するのがよいと思います。


労働基準監督署や労働組合連合組織に相談する
という選択もあります。

いずれにしても、解雇通知書を必ずもらうように
しましょう。

解雇されたことを証明するためにも、解雇理由が記載
された解雇通知書を受け取るのを忘れないでください。



会社を辞める時の理由で許せないのでが
「不当解雇」ではないでしょうか。

経営者の一方的な理由で解雇通知を受けたりすると、
カッとなって辞める方もいるかもしれませんが、
納まらない怒りを我慢して法的に戦って少しでも有利な
条件を勝ち取るのが賢明だと思います。

posted by 7fukujin at 12:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 解雇について学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

雇止めを拒否できない理由例

契約社員やパート社員で働いている人は
雇い主との雇用契約が「有期労働契約」となっている
場合がほとんどです。


それで、有期労働契約の人が一番怖いのが
雇止めではないでしょうか。



今まで正社員と同じように働いてきたと
自分はもちろん、周囲の人たちも同じように
認識していたとしても、有期契約社員の契約を
更新するかしないかは雇用主の判断によります。


いくら正社員の人から要望されても
雇用主が契約更新を拒否すれば
その職場で働くことが出来なくなります。


それでは、有期契約社員の人が雇用契約を
更新されないで雇止めとなるようなケースは
どのようなケースかについてお伝えしたい
と思います。


雇止めが拒否できない理由とは


●理由1
 担当していた業務が終了もしくは中止となった場合

●理由2
 事業縮小のため

 契約社員を採用する時の目的で多いのが
新たな業務の発生や増産などの需要に伴う採用
であることから、雇止めとなるケースも多いです。

※ただし、この場合も1年未満の契約を何度も更新
して通算5年を越えて働いている場合は、無期契約
として働ける道があります。


●理由3
 契約締結当初に契約更新回数の上限が決めてある
場合、その回数に到達した時

●理由4
 前回の契約更新時に、この契約が終了する時
契約更新しないことで合意している場合

※契約を締結するときは、甘い言葉に惑わされないで
契約期間終了時の条件を確認した方が無難です。


●理由5
 業務遂行能力が不足していると認められる時

●理由6
 無断欠勤や職務命令に従わない行為があった時
posted by 7fukujin at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 解雇について学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

正社員からパート社員に変更打診を拒否してクビってあり?

正社員で働いていたところ、会社から

「会社の業績が悪くなったので、
 パート社員になってくれないか」

と打診されたら、ショックで思考停止状態になって
しまいますよね。


それで、パート社員への格下げを受け入れられず
退社して自宅に帰った場合、会社によっては
退職の意志があると見なして、退職願いの提出を
求められることがあります。


会社から退職願を出された場合、会社側と直接交渉
しても拉致が明かないことが予想されます。

そういう時は、労働基準監督署に相談しましょう。


従業員の立場で会社側と交渉しても、
普通は勝てません。


従業員の見方をしてくれる強い存在は
労働基準監督署(=厚生労働省=国)です。


実際にあった事例で見てみましょう。

パート社員への打診を拒否して退職の事例

ある会社で正社員として働いていたKさんが会社から
事業不振を理由に、一方的に正社員からパートへの
変更を打診され納得できずに退社したところ、
退職とみなされ退職届の提出を迫られました。

Kさんは、正社員としての復職または職を失うことに
ついての補償金の支払いを求め、労働基準監督署に
あっせん申請を行いました。

労働基準監督署のあっせんの結果、○○万円の解決金
を支払うことで合意が成立しました。


会社は、和解金による解決に理解を示し、Kさんも
和解金の金額に譲歩を示し、双方の合意が成立した
という事例です。


P.S.

会社から、不利な労働条件の提示をされた時は
自分ひとりで悩んだり、友人に相談しても解決は
難しいと思います。

困ったときは労働基準監督署へ相談しましょう。

会社というものは、労働基準監督署にはとても弱い
ものだということを理解されておくといいかと思い
ます。
posted by 7fukujin at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 解雇について学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

懲戒解雇の実話【大手企業のソフトな懲戒解雇】

懲戒解雇は雇われて働く従業員にとって、絶対避けたい
ことですが、雇用側の会社にとってもやりたくないこと
でしょう。


懲戒解雇の措置を実行するためには、所轄の役所である
労働基準監督署の許可が必要となります。

大手企業ともなれば、懲戒解雇を出した履歴が残ると
好ましくありません。

従業員が会社のお金を使い込んだりした場合においても
刑事事件として警察が関与してくれば、マスコミに
報道される確率が高くなります。


本来なら、刑事事件として処理すべきことでも
そのような企業のイメージを壊すようなことを
避けたい場合には、『ソフトな懲戒解雇』が
執り行われるケースがあります。


今回は私が聞いた実話を基に、実名を隠した状態ですが
大手企業で実際にあった『ソフトな懲戒解雇』を紹介
いたします。


懲戒解雇の実話【大手企業のソフトな懲戒解雇】

電機メーカーのH工場に勤務していたM課長の話です。

M課長は製造技術グループの課長でした。

パソコンが好きで、会社のパソコン環境もM課長が
着任してからは随分と使いやすくなっていました。

パソコンと言えば、M課長に相談すれば
予算が取れたらすぐ新しいパソコンをセットアップ
してもらえるので、グループ以外の人からも頼りに
されていました。


パソコンが好きなM課長は自宅でも会社から帰った
後はパソコンいじりやインターネットで時間を過ごす
という生活をしていました。

会社で新しく導入したパソコンの性能が気に入った
M課長は、自宅のパソコンも会社で導入した最新型の
パソコンにしたくてたまりませんでした。

会社で導入したパソコンは38万円でしたから、
個人で買うには少し高い買い物です。


M課長は会社で新たに最新型のパソコンを2台
導入することで予算を申請して認められました。

ここで、本来あってはいけないことですが
問題は2台の内、1台が会社から無くなったことです。

パソコンのセットアップを休日に出勤して行うことが
多かったM課長が、1台のパソコンを自家用車で自宅に
持ち帰ったのです。


M課長の業務違反は経理部門の固定資産の棚卸で
発覚したのでした。


この事実は、会社の中で一部の人だけで極秘に
処理されました。


事件が発覚してから1ヶ月後、M課長は子会社に
出向となりました。

仕事はとくにありませんでした。

何もする事の無くなったM元課長は会社にいるのが
耐えられず、半年後には依願退職しました。



P.S.
大手企業では、従業員が少額の使い込みのような
事件を起こした場合、懲戒解雇の手段を取らずに
ソフトな形で従業員を依願退職に誘導していく事が
あります。

労働基準監督署や警察に関与された場合の損失と
被害を受けた額と大きさで判断されたり、その時の
経営者の意向によって変わったりします。
posted by 7fukujin at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 解雇について学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

懲戒解雇の事例【職場でケンカして怪我をさせた】

懲戒解雇は労働者にとって絶対避けたいことです。


刑務所を出所した人が、犯罪を繰り返す理由として
再就職が出来ないことが挙げられます。


前科者を採用したいと思う経営者は、普通いません。

経営者の旧友だとか、特別の理由が無い限り
常識的に再就職への道は相当厳しいものです。


前科者とまで行かなくても、会社を懲戒解雇でクビと
なった場合についても、履歴上に懲戒解雇の記録が
残ることから、再就職は簡単にはできなくなります。


給料が下がったとか、そういうレベルでは納まらない
最悪の事態「懲戒解雇」ですが、それではどのような
場合が該当するのか、事例をみていきたいと思います。


まずは、職場でケンカして怪我をさせた場合について
見ていきましょう。


懲戒解雇事例(ケンカで怪我させた)

ある自動車関連の下請け工場に
Aさん(38歳)とBくん(27歳)が同じ職場で
働いています。


AさんとBくんは二人とも車好きです。

Aさんは若い時はスポーツカーに乗っていましたが
家族が出来て、子供の教育費にお金が掛るように
なった今は、小型のコンパクトカーに乗っています。

一方のBくんは、独身で車命みたいな感じで
最新型の高級スポーツカーに乗っています。


AさんとBくんはマイカー通勤で利用している
会社の駐車場がたまたま隣同志でした。


AさんはBくんがスポーツカーを新車が出る度に
乗り換えているのが、内心面白くありません。


こんな状況下でAさんがBくんに怪我をさせる
事件が起きてしまいました。



Bくんが「駐車場で車を出しにくいから、車の駐車
位置を少しずらしてほしい」と言ったことに対して

Aさんが「お前の腕が悪いから出しにくいだけだろ」
と言ったことから、取っ組み合いのケンカとなり
腕っ節の強いAさんがBくんを殴った結果、Bくんが
鼻の骨が折れる怪我をしてしまいました。


◇------------------
普段はおとなしくて、仕事をしっかりこなしていた
Aさんですが、二人が勤務する工場の経営者は
企業倫理にすごく敏感な人だったので、Aさんを
懲戒解雇としたのです。



ちょっとしたことから、同僚に怪我をさせたことで
懲戒解雇となったAさんは不幸かもしれませんが、
一歩踏み外すと、冷徹な仕打ちが待っているのが
労働者を守るために設けられているルールだと
いえます。


P.S.
職場では気が合う人もいれば、気の合わない人も
います。それはどのような組織でも同じでしょう。

気に食わないからと言っても能力などの行為を
すれば懲戒解雇の裁きが待ち受けています。

家族がいる場合、懲戒解消されると悲惨な生活に
なってしまいます。

職場のストレスは職場の人間にぶつけても意味が
ありません。酒場で愚痴をこぼす位にしておいた
方がましですね。
posted by 7fukujin at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 解雇について学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。