スポンサードリンク

2013年11月12日

中途採用の面接試験の服装は何がよい?

新卒で企業などの採用試験を受ける学生の服装は、
リクルートスーツと言われている黒系のスーツが
主流となっています。


採用試験では個性が大切だと言うものの、
服装は個性を強調する学生は殆どいません。


採用試験の面接で服装で印象を付けるのは、
冒険心を理解してもらえればいいのですが、
面接官は奇を好むかというよりは、
組織に適合してもらえる学生を評価しますので
どうしてもリクルートスーツスタイルを選ぶ学生が
多くなるのだと思います。


それでは、中途採用の場合はどうでしょうか。

新卒同様にリクルートスーツにした方がいいのか、
それとも個性を出していった方がいいのか
迷われる方もいるかもしれません。


面接の時の服装って?


中途採用の面接を受ける時には、
どのような服装が良いのでしょうか?

中途採用の面接を受ける時は、
次のような服装を意識してください。


・シンプルなブラックのスーツ
・落ち着いた色やデザインのネクタイ
・ベルト、靴、カバンはブラック
・腕時計をつける
・アクセサリーは控える


中途採用の面接を受けるときの服装は、基本的に
シンプルなブラックのスーツがおすすめです。

ストライプのスーツでも良いですが、
あまり派手なものは控えてください。


ネクタイは派手なものではなく、落ち着いた
デザインや色のものを使用します。


ベルトや靴、カバンなどもスーツと同じように
ブラックが無難です。

それに、足元も見られるので、靴はしっかりと
綺麗に磨いておきましょう。


また、腕時計はできる限り、つけるようにします。

腕時計をつけるのは、ビジネスマナー
だと思ってください。

逆に、ピアスやネックレスといったアクセサリーは
控えるようにしましょう。

ただし、アパレル業界の面接であれば、アクセサリーが
好印象に繋がる場合もあるかもしれません。



※中途採用試験の面接時の服装について、
基本は新卒採用試験のときと変わりません。

ただし、応募する業界によっては個性を重視する企業も
ありますので、そのへんの事情については、知り合い
の人に聞いたり、実際その会社に行って社員の服装を
見たりするのが参考になると思います。

思い切って、社員の方に聞いてみるのも
とても参考になります。


面接の服装
posted by 7fukujin at 12:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 再就職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

円満退職したい時は何をすればよい?

自己都合で退職しようと考えている人は、できれば
円満退職の形で辞めたいと思うことでしょう。


辞表をバンと上司に突き付けて辞めるようでは、
失業保険の受給や再就職の際に必要となってくる
書類の受領すらもらい辛くなります。


退職する時は職場の人から惜しがられる声や
今後の活躍を期待される声を聞きながら、
円満退職の形で辞めたいものです。


円満退職したい時は何をすればよい?

会社を辞める際の退職までの流れって、
どんな感じなんでしょうか?


会社の辞め方も人それぞれ違うので一概には
いえませんが、社会人として円満退社を目指すなら、
一般的には次のような流れになるでしょう。


▼まずは、辞めることを直属の上司に伝えます。

法的な規定では二週間前までに伝えることに
なっていますが、会社の規定では1ヶ月前
となっていることが多いです。

仕事の引き継ぎのことなども考えると、
1ヶ月前くらいに伝えた方がいいでしょう。


会社の事情によっては、繁忙期が終わるまで退職を
待ってほしいといわれることもありますが、
これは拒否することができます。

ただ、会社の意向を拒否すると、
円満退社は難しくなってしまうかもしれませんね。


▼退職日が決まったら、退職届を提出します。

退職までの間に、自分が退職しても他の社員や
取引先などに迷惑をかけないように、
関係者に業務の引継ぎを行います。


▼私物の整理
また、デスクやロッカーなど、使用していたスペース
があれば掃除して、私物を持ち込んでいた場合には
持ち帰りましょう。

逆に、会社から支給されていたものは私物にしては
いけないので、名刺、制服などは勤務最終日に
すべて返却します。


▼公的な書類の受領
そして、退職した後すぐ必要となってくる書類を
忘れずに受け取ります。

離職票、年金手帳、源泉徴収票、雇用保険被保険者証
などの必要な書類を受け取ってください。


※自己都合で退職する理由は、人それぞれ異なるで
しょうが、退職によって自分のやっていた仕事が
本当の意味で評価されると言えるような気がします。

最後は円満退職になる方が次の新しい職場でも
上手くいくように思います。


円満退職
タグ:退職
posted by 7fukujin at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 再就職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

中途採用が決まらず焦っている時にする事

中途採用で就職を目指していると、
自分の希望する職種や企業が運良く見つかることは、
まれであり、どちらかと言うと、

自分の希望と違う会社ばかりの求人で、
最初は頑張って求職活動していたのに、
焦りはあるのに意欲がなくなっていく自分に
がっかりするかもしれません。


中途採用が決まるまで、
モチベーションを保ちながら就活。

言うのはやさしいですが、
実際やっている人でないと分からない事も
多いと思います。


中途採用が決まらない時の注意点など
ご紹介いたします。



中途採用が決まらない時はどうしたらいい?

やるべきことやって努力をしても、
なかなか中途採用が決まらない場合も
あるでしょう。


では、そういった時は
どうすれば良いのでしょうか?


中途採用が決まらない時は、以下のようなことを
やってみてください。

・慌てずに一度立ち止まる
・採用されない原因を考える
・その業界や職種が自分に合っているのかを考える
・資格を取得する

まず、中途採用がなかなか決まらない時は、
慌てずに一度立ち止まりましょう。


そのまま焦って闇雲に活動しても、焦りが相手にも
伝わってしまい、状況が変わらないところか悪化する
可能性もあります。

そのため、一度立ち止まって、どうして仕事が
決まらないのかを冷静になって考えたり、
気分転換を行うようにしてください。


また、ほとんどの方が業界や職種を絞って採用試験に
挑んでいると思いますが、本当にその仕事が自分に
合っていて、企業が自分のような人材を必要として
いるのかをよく考えてみましょう。


企業が求める人材をしっかりと考えた結果、
自分がマッチしていないことに気付く場合もあります。

企業が求める人材はそれぞれ異なりますから、
本当に自分を必要としているところ、
自分に合っているところがどこなのかを考えてください。


そして、自分をよりPRするためにも、やりたい仕事に
生かせる資格を取得するのも良いかもしれません。



■中途採用でよくある失敗は、
焦りから本当はあまり乗り気でない会社に
就職することです。

失業保険が切れる前など、とくに言えることです。

一度就職すると、再就職に制限が掛る場合もあります。
安易な妥協はしないようにした方が、後で後悔しなくて
済むのではないかと思います。

タグ:再就職
posted by 7fukujin at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 再就職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

中途採用の職務経歴書の書き方について

中途採用をねらって就職活動していく時、
新卒のときと異なってくるのが職務経歴となります。


中途採用者を受け入れる側の担当者からみると、
最初に注目するのが履歴書に書かれている、
職務経歴書ではないでしょうか。


採用担当者に注目されるのですから、
履歴書の職務経歴を書くときはポイントを
外さないようにしましょう。



職務経歴書の書き方とは?

中途採用の場合、履歴書と一緒に必要となるのが
職務経歴書です。


履歴書の書き方は分かるけど、
職務経歴書の書き方が分からない
という人は意外と多いです。

そこで、職務経歴書の書き方を具体的に
ご紹介します。


職務経歴書を書く時のポイントは、以下の通りです。

・A4判に横書き
・箇条書きで簡潔に
・丁寧な字で書く
・修正液は使わない
・冒頭中央に職務経歴書と大きく記載する
・アピールポイントを強調する
・誤字脱字に気をつける
・正確な情報を書く


まず、一般的なお話ですが、
職務経歴書はA4判横書きに書きます。

そして、箇条書きで簡潔に書き、
相手が見やすく理解できるようにしてください。

丁寧な字で書き、仮に間違いに気付いた場合は
修正液は使用せずに最初から書き直しましょう。

冒頭中央に職務経歴書と大きく記載し、
仕事で表彰経験があったり、実績を残したことが
ある場合は、そこを強調してください。


ここでアピールしないと、せっかく素晴らしい経験や
実績があったとしても、気付いてもらえません。

それに、誤字脱字に気をつけて、正確な情報を
書くようにしましょう。


よくある事例として、
転職回数が多いと誤魔化したくなりますが、
全ての職歴を記載するようにしてください。


中途採用で就職する時に書くことになる職務経歴書
についてお伝えしました。

履歴書を書く時の心構えとして大切なことは、
自分が採用担当者になっているつもりで読んでみると、
分り難い箇所に気付きやすいと思います。

posted by 7fukujin at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 再就職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

大企業へ中途採用されるためにやることとは?

公務員志望者が増えていますが、
理由が雇用主が安定していると言うことですから、
民間企業の場合は上場している大企業で働きたい、
と思っている人も多いことでしょう。


大企業であっても不況からリストラはありますが、
それでも中小企業に比べると安定度は全然高いので、
正規採用はもちろんのこと、中途採用でもいいから
大企業に採用される方法を探している人もいます。


それでは、大企業に中途採用される方法は
どのような方法があるか見ていきましょう。



大企業に中途採用されるには?

  給料をアップしたい! 
 
   キャリアアップしたい!

という理由で、大企業の中途採用を狙っている人も
いるのではないでしょうか?


どうすれば大企業に中途採用されるのでしょうか?


大企業に中途採用されるポイントは、
大きく3つあります。

・資格
・経験、および、実績
・自己分析


大企業に入るためには、何か強力にアピールできる
ポイントが必要になってきます。

そこでおすすめしたいのが、資格の取得です。


入社したい大企業にアピールできそうな資格を取得
することによって、中途採用されやすくなります。

また、大企業に中途採用されるには、経験や実績も
必要です。

今までどのような経験をしてきて、どのような実績を
残してきたのかが非常に大切になってきます。


大企業の採用基準は中小企業よりも高めに設定されて
おり、即戦力を求めているため、経験や実績はとても
重要です。

それに、ただ大企業に入りたいということを目標に
してもなかなか採用されづらいので、どの業界の
どのような大企業で働きたいのかを明確にしてから
取り組んでください。


その時に自己分析をきちんと行い、目標とする
大企業が自分に合っているのかを客観的に判断する
ことも必要になります。


大企業へ中途採用されるためには公的な資格を
持っていて、実績もあることが示すことができれば、
採用担当者への訴求力が高くになります。


中途採用の場合、学歴よりも実績重視の傾向が強い
と思いますので、会社の規模は違っても実績作りが
できるところで働くことを検討した方がいいと思い
ます。

posted by 7fukujin at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 再就職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。