スポンサードリンク

2013年08月28日

30代の再就職面接における服装

30代の再就職活動に限りませんが、
就職活動の面接の際に着用する服装と言うと、
リクルートスーツを着用する人が大半でしょう。


他の人と同じ服装では、個性がない
と見られかねませんが、
かと言って、目立ち過ぎるのも
マイナス評価を受けそうで怖いものです。


他人と少し違った個性を出したいが、
それはどこまで許容範囲なのか、
そのさじ加減が分かると、
再就職活動の面接も気持ちに余裕が持てます。



30代、再就職面接の服装って?

再就職の面接では、どのような服装を
すれば良いのでしょうか?


再就職の面接時に気をつけたい服装のポイントは、
以下の通りです。

・スーツは黒か紺
・シャツは白
・ネクタイは落ち着いたもの
・綺麗な靴

再就職の面接をする時のスーツの色は、
黒か紺が好ましいと言われています。

シャツはストライプのものよりも、シンプルな
白いシャツの方が印象が良いでしょう。

ネクタイは派手すぎないものが良く、落ち着いた
デザイン・色のものを選択してください。

面接の時には足元を見られるので、靴は必ず
綺麗に磨いておきます。


【女性のメイク】
また、女性の場合、どのようなメイクをすれば
良いのか迷ってしまうかもしれません。

女性が再就職の面接を受ける際に、濃いメイクだと
印象が良くないですし、かといって全くメイクを
しないのも印象が悪いものです。

そのため、女性のメイクは
ほど良いナチュラルメイクを心がけてください。


再就職の面接に挑む時は、とにかく清潔感のある
服装を心がけるといいでしょう。

面接時の服装に特にルールはありませんが、
その場に相応しい服装をするのが大切です。



再就職活動の面接は、採用までの最終関門です。

面接での印象が悪いと、面接官の査定に影響する
可能性も危惧されますので、準備には気を使います。

でも心配ばかりしても始まりません。


服装は清潔をモットーに、
そして話し方は簡潔に応えるようにすることで、
面接官に与える印象は良くなると思います。
posted by 7fukujin at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 再就職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

30代の再就職で必要となる書類

再就職活動をしている時、いろんな場面で
提出する書類がたくさんありますが、
一体どのくらいあるかと言うと、

基本となる書類として6点ばかりあります。


書類は本人に扶養家族がいるのかどうかなど、
個人の持ち合わせている条件によって異なりますが、
共通して必要となるものも多いと言えます。



30代で再就職すると言う人は、
再就職に必要な書類は企業によって異なりますが、
一般的に下記のような書類が必要となります。


・年金手帳
・雇用保険被保険者証
・源泉徴収票
・給与振込に関する用紙
・扶養控除などの申告書
・健康保険被扶養者(異動)届


年金手帳は、前職を退職した時に
返却されているはずです。

もしくは、自分で保管していたと思いますので、
探してみてください。

雇用保険被保険者証は、前職を退職する時に
受け取るものです。

源泉徴収票は、年末調整に必要な書類で、
これも前職を退職する時に受け取っているはずです。


給与振込に関する用紙は、再就職が決まった場合、
再就職先で用意しているので、給与振込みに必要な
口座情報を記入して、提出しましょう。


扶養控除などの申告書は、税金などに関する手続きに
必要で、企業から渡されます。


健康保険被扶養者(異動)届は、扶養義務のある
家族がいる人だけ提出が必要となります。



企業によって要求される書類

再就職で必要とされる書類は
年金手帳などの必須書類以外にもあります。


もっとも要求される書類は、各企業ごとに
異なりますが、だいたい以下のような書類が
要求されることが多いです。

・健康診断書
・入社誓約書
・身元保証書


事前に書類を用意するのは、時間とお金の無駄
になります。

再就職活動をしていく上で、前職を辞める時に
渡される書類関係などは大切に保管し、
必要になった時は、すぐ出せるようにしておくことが
肝要です。


30代の再就職
posted by 7fukujin at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 再就職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

30代の再就職活動で有利な資格とは?

30代の再就職活動において、取得していると
有利な資格があります。


資格がなくても働くことはできる仕事が多いのですが、
報酬面などを見ていくと、資格を持っているのと
そうでないのとでは全然待遇が違います。


30代という世代は、会社の中で中堅社員となり、
管理職となっていくかどうか分岐点となりますが、
公的資格を持っていると有利なのは間違いありません。


それでは、30代の再就職で有利な資格は、
何かと言うと以下の3つです。

・宅地建物取引主任者
・社会保険労務士
・ファイナンシャルプランナー

宅地建物取引主任者
宅地建物取引主任者とは、一般的に宅建と呼ばれて
いる資格のことで、不動産業界に就職したい人なら
取得しておいて損はありません。

この資格を取得することで、顧客に対して
不動産売買や賃貸契約時の重要事項の説明を
することができます。

また、不動産業界以外でも、宅地建物取引主任者を
取得していると再就職が有利になるでしょう。


▼社会保険労務士
社会保険労務士は、社会保険に関する知識を証明する
資格です。

企業の人事部や総務部などで重宝されます。

社会保険関係の書類作成をはじめ、帳簿作成や
コンサルタント業務なども行えます。

これまでの勤務先で、管理職の仕事をしていた人は、
社会保険労務士を取得した方が、再就職に有利になる
はずです。


▼ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナーは、資産運用に関する
知識を証明できる資格で、不動産業界や保険業界、
金融業界などに再就職する時に、役に立つ可能性が
高いかもしれません。

最近、ファイナンシャルプランナーの需要が高まって
いるので、30代の再就職におすすめです。


30代の再就職活動で有利となる資格について、
3資格をご紹介しました。

この資格は30代に限らず、最近の資格ランキングで
上位にある資格ですね。

30代に限らず、20代でも40代でも取得できる
なら、時間を取って調整したいところです。

簡単ではありませんが、司法試験のような最難関試験
からみると、少ない時間でやれば結果の出やすい資格
なので、やりがいを感じることもできるでしょう。
posted by 7fukujin at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 再就職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

30代の再就職が決まらない原因とは?

再就職活動を一生懸命やっているのに、
結果が伴わない時は、

「何故上手くいかないのだろう」

と自分を責めてしまいますが、
責めるだけでは再就職への道は開けないので、
失敗の原因と対策をしっかり取っていく必要が
あります。


再就職が決まらない時は、
その原因を確認することが大切なのですが、
多くの人は自分のことを棚に上げて、
自分以外のことに原因を結びつけてしまいます。


就職活動に限らず、原因と結果には
因果関係があるものです。

原因が分かれば、おのずと結果を好転させる
解決法が見えてくるのではないでしょうか。



30代の再就職が決まらない原因はどこにある?


再就職したいのになかなか仕事が決まらない
という人もいると思います。

では、再就職が決まらない原因は
どこにあるのでしょうか?


30代の再就職が決まらない原因は、
大きく分けて3つあります。

・年齢
・スキルのミスマッチ
・待遇

▼30代の再就職で最も問題となるのが、
「年齢」という壁です。

企業からすると、10代や20代といった
若い人材の方が伸びる可能性があると
判断してしまいます。

そのため、30代を積極的に採用するところは
それほど多くありません。


▼また、自分のスキルと企業が求めるスキルに
開きがあるというのも、再就職できない原因です。

企業が30代の方を採用する場合には、
即戦力として貢献できるスキルを求めているため、
20代の頃の再就職よりもハードルが高く、
その企業が求めるスキルに達していないと
採用されません。


▼それに、希望する待遇の求人が少ない
というのも、再就職が決まらない原因でしょう。

30代になると家族を養っているケースも多く、
ある程度の収入がないと生活していけません。

しかし、家族を養えるくらいの収入の求人は、
それほど多くないというのが現実です。



30代の再就職が上手くいかない原因は
大きく3点あるというお話でした。

求人の採用条件では、年齢制限が設けられることが
一般的な傾向です。

米国などに比べて、日本は年齢に縛られることが
多いような気がしています。


日本で就職活動をしていく上では、年齢が条件となり
就職活動の範囲が限定されることが多いので、
30代を過ぎてから再就職活動を諦める人も多いかも
知れません。

でも、就職活動をベンチャー企業まで広げていくと、
年齢に限らず可能性はどんどん広がると思います。


家族がいると安定した仕事を希望したくなりますが、
安定とやりがいなどを両天秤に掛けて、仕事を選んで
いくのがいいような気がします。
posted by 7fukujin at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 再就職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

再就職でブランク期間があると不利?

新卒でも就職活動が厳しい時代ですから、
再就職活動をしている人は、新卒以上に厳しい
経験をされていることでしょう。


再就職の場合、企業の採用担当者にマイナス評価
されると言われているのが再就職のブランクです。


ブランクの理由が病気やケガなどのように、
はっきりしたものである場合は、求人担当者に
理解してもらえる可能性がありますが、
そうでない場合は自信をもてないのが普通です。



再就職活動でブランク(無職状態)があると
不利になるといわれていますが、
これは事実なのでしょうか?


結論からいうと、これは事実です。


ただ、何か特別な理由や面接時に
自信を持って言えるほどの理由があれば、
問題ありません。


しかし、そうではない場合は、
どうしてもマイナス要素に繋がります。



ブランクがあると不利になる理由は、
大きく3つあります。

・能力が低いと思われる
・コミュニケーション能力がないと思われる
・マナーがないと思われる


ブランクは長いと
「この人は今までどこにも就職できなかった人」
という目で見られてしまい、能力が低いと
思われるでしょう。


実際は違う理由でブランクがあったとしても、
少なからずこのような印象を与えてしまいます。


また、仕事をしばらくしていないと
コミュニケーション能力がないと思われる
こともあります。


「仕事をしていない=人と関わっていない」
というイメージを与えてしまうので、
コミュニケーション能力がないと判断されて
しまうのです。


それに、ブランクがあると社会人としてのマナーや
礼儀などに問題がある人だと思われます。


このように、ブランクがあると再就職活動で不利に
なってしまいますが、だからといって、絶対に再就職
できないわけではないので安心してください。


再就職活動でブランク期間があると無理なのは、
ある意味避けようのないことですが、
病気やケガでなくても、自分はこれがやりたかった
ので就職していなかった、と言えるものがあると、
説得力が出てきます。


プロスポーツの選手を目指していたとか、
ミュージシャンを目指していたなど、
夢のような話でも、真剣に語れるようなら
再就職で不利にならないでしょう。
posted by 7fukujin at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 再就職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。