スポンサードリンク

2014年12月15日

医療事務が人気な理由とは?

医療事務の仕事ですが、ここ数年来は人気の職場
として高い求人需要が続いています。
日本は健康保険制度が諸外国に比べて充実している
ので、体調が悪いと病院へ出かけて見てもらう人が
多いです。病院に行く人が多いから、それに比例して
医療機関側の職員も需要が高いという関係がある
のでしょう。

医療事務は高い需要があって、さらにそこで働く人に
モチベーションが高くなるような環境があるから、
安定して高い人気があるのでしょう。
もう少し具体的な説明をしていきましょう。


◆医療事務が人気な理由とは?

医療事務はどうして人気があるのでしょうか?
その理由は以下の通りです。

・やりがいがある仕事
・ライフスタイルに合わせやすい仕事
・年齢をそれほど重視しない

まず、やりがいが感じられる仕事というのが
医療事務が人気の理由の一つです。

医療機関で働くということは、それだけでも
人の役に立っています。
それを実感しやすい仕事なので、やりがいを求める
人にいいでしょう。

ライフスタイルに合わせて働けるというのも
人気の理由です。正社員をはじめ、アルバイトや
パートなど雇用形態に偏りがありません。

そのため、育児をしている女性や復職を希望される
女性に人気があります。また、基本的に女性が多い
職場なので、単純に働きやすいというのもあるかも
しれません。

一般的に年齢を重視する会社が多いですが、
医療事務の場合は経験を重視する傾向があります。
年齢だけで採用を決めないので、子育てが終わって
からも働くことができますし、転職もしやすいです。

医療事務が人気職種ということについて説明して
きました。年齢で採用が制限される職種が多い中で
体力的に自信のある方は年齢を気にせず働けるところが
いいですね。このような理由から医療事務は人気が
あるのだと思います。

images-hospitl.jpg
タグ:医療事務
posted by 7fukujin at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

簿記検定の合格率って何%くらい?

時代の変化に強い職業というのがあります。

技術の進歩で生活様式は大きく変わっていきますが、
いつの時代でも普遍的な職業は需要があります。

普遍的な職業という場合、
一般的な傾向として地味なイメージがあります。

テレビ業界のような派手な仕事をやりたい人には、
地味な仕事は敬遠されるでしょうが、
景気が良いとか悪いとか、そのような時代の変化に
関係なく地味だけど安定しているのが好きな人には
普遍的な職業は向いています。


今回は普遍的な職業の一つと言える、
会計や経理の仕事をしていく上で、スキルを高め
またその資格を持っていることで評価されるもの
として「簿記検定」を取り上げてみます。


簿記検定というと、今の時代では会計ソフトで
やるから資格を持つことに意味あるかというと、
会計ソフトを使う時代だからこそ、簿記の知識が
役立つと言えます。


◆簿記検定の合格率って何%くらい?

簿記検定を受検される場合、
気になるのが合格率ですよね?

合格率が高いということは、試験の難易度が低い
ということなので、合格できる可能性が高くなります。

では、簿記検定の合格率は
一体どれくらいなのでしょうか?

・簿記検定1級は例年10パーセント前後の合格率
・簿記検定2級は20パーセント〜40パーセント
・簿記3級と4級は30パーセント〜50パーセント
くらいです。

その年によっても試験の難易度には違いがあるようで、
合格率にはかなりの幅がありますが、1級〜4級の
合格率はこのようになっています。


1級の場合は10人に1人の割合でしか合格できない
ので、難易度は高いと思って良いでしょう。

2級も10人に2人〜4人の割合ですから、
それなりに難易度が高いといえます。

3級〜4級でも10人に3人〜5人しか合格者が
出ないので、2人に1人が不合格という年も
あるわけです。


簿記検定は1級を除き、合格点に達していれば
全員合格になります。

きちんと勉強していれば合格できる可能性が高い
資格ではありますが、この合格率をみる限り、
そう容易く合格点が取れる問題ではないでしょう。



簿記検定は選抜試験ではありません。
一定の能力があれば合格できる試験です。
簿記のスキルも資格を取ってからが実際の勝負です。
持ってるだけでは意味がありません。

しかし資格を持っていないと、スタートラインにも
就いていないと同じなのでまずは資格取得です。


簿記検定
タグ:簿記検定
posted by 7fukujin at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

社労士の資格が向いている人

社労士の資格は適性があります。

自分の性格をコツコツ真面目に働くタイプ、
だと思っている人には社労士は向いています。


一方、自分は外に出て回るような営業的な
仕事も方が向いていると思う人には、
社労士は向いていないかと言うと、
考えようによっては、向いていると言えます。


少しわかり難いので説明しますと、
社労士の仕事は机の前でパソコン使って
事務作業をすることが中心としてあります。

しかし、社労士は企業の健康保険や雇用保険の
業務代行をするのが仕事ですから、
企業の経営者や人事労務の担当者と付き合って
いかねばなりません。


ですので、机の前でパソコンで事務作業なんて
嫌だと思っている人も、
事務作業を手伝ってっもらえる人と一緒なら
社労士の仕事に向いているといえます。



社労士の資格が向いている人

社労士と言う資格は、
一体どのような仕事をするのでしょうか?


社労士の主な仕事は、以下の3つです。

・1号業務(書類の作成及び提出手続代行)
・2号業務(帳簿書類の作成)
・3号業務(人事または労務のコンサルティング)


この3つの仕事のうち、1号業務と2号業務は
社労士のみに許された独占業務です。

【1号業務】
社労士は、健康保険や雇用保険、労災保険などへの
加入・脱退の手続きを事業主に代わって行います。

これが1号業務と呼ばれている業務です。

【2号業務】
帳簿書類の作成の業務は2号業務といわれており、
労働者名簿や賃金台帳などの作成を行います。

それに、就業規則の作成業務もこの2号業務に
含まれるのです。

【3号業務】
また、人事配置や資金調整に関するコンサルティングは
3号業務と呼ばれており、これも社労士の大事な仕事に
なります。

3号業務は社労士以外でも行うことができますが、
円滑に業務を進めるためにも社労士に任せた方が
安心できるでしょう。


この3つの業務は会社を運営するのにあたって非常に
大切なことばかりなので、社会保障制度のプロである
社労士にお願いしたいという経営者は多いのです。


社労士のような時代に関係なく必要となっている仕事は、
個人単位の単独経営でもやっていけますが、
事務処理が得意な人と、外回りが得意な人が協業の形で
やっていく方法もあります。

いずれのやり方にしても、社労士資格を持っておくと
やりたいときにすぐ取り組めますね。

union.jpg

タグ:社労士
posted by 7fukujin at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

建築士は3年ごとの定期講習が必須

建設業界の国家資格で権威のある建築士ですが、
この資格は一度取得すれば一生ものでしたが、
3年ごとの定期講習が義務付けされました。


これは耐震設計の偽装事件で、
1級建築士の資格について厳しい管理が
施されたことになります。


住宅やビル、スタジアムなどの建築物は
建築設計や工事が手抜きされて、
それが原因で倒壊などの事故が起きたのでは
安心して使用や利用ができません。


震度7級の大地震のときでも、
人命に損傷を与えるような倒壊が起きないのが
現行の耐震基準ですので、これらのルールを
建築士はしっかり守ってもらわなければなりません。



建築士定期講習は利用者の安全を守るために、
建築士の質のレベルを保つ上で、
自動車運転免許の更新と同じような意味合いを
持っているといえます。



◆建築士定期講習とは?

建築士定期講習とは、三年毎に受けることが
義務付けられている建築士の講習のことです。

建築士定期講習は、平成20年11月28日の
法改正により、建築士事務所に所属する建築士に
義務付けられました。

これは、建築士法、第二十二条のニに基いて
義務付けられたものです。


建築士事務所で働いている場合、建築士の資格を
保有する者は、仕事の内容に関わらず、必ず
建築士定期講習を受けなければなりません。


もし、万が一、建築士定期講習を受講せずにいると、
懲戒処分の対象となってしまいます。

そのため、三年毎に受け続ける必要があるのです。


ちなみに、建築士定期講習は、建築士事務所に
所属していない場合には、資格を保有していても
受けなくても良いとされています。

これは、建築士事務所に所属していない建築士は、
設計や工事監理を業として行っていないためです。


設計や工事監理を業として行っていない建築士にまで、
定期講習を受けさせるのは、規制が厳しすぎると
判断されているのでしょう。


建築士定期講習を受ける義務のある建築士が、
講習を受けない場合の罰則は、
もっとも厳しいランクでは免許取り消しです。

免許取り消しとまでいかなくても、
業務停止12月まで1カ月単位で処分が実施される
仕組みとなっていますから、建築士で働く場合は
必ず受ける必要性があります。
建設業界の国家資格で権威のある建築士ですが、
この資格は一度取得すれば一生ものでしたが、
3年ごとの定期講習が義務付けされました。


これは耐震設計の偽装事件で、
1級建築士の資格について厳しい管理が
施されたことになります。


住宅やビル、スタジアムなどの建築物は
建築設計や工事が手抜きされて、
それが原因で倒壊などの事故が起きたのでは
安心して使用や利用ができません。


震度7級の大地震のときでも、
人命に損傷を与えるような倒壊が起きないのが
現行の耐震基準ですので、これらのルールを
建築士はしっかり守ってもらわなければなりません。



建築士定期講習は利用者の安全を守るために、
建築士の質のレベルを保つ上で、
自動車運転免許の更新と同じような意味合いを
持っているといえます。



建築士定期講習とは?

建築士定期講習とは、三年毎に受けることが
義務付けられている建築士の講習のことです。

建築士定期講習は、平成20年11月28日の
法改正により、建築士事務所に所属する建築士に
義務付けられました。

これは、建築士法、第二十二条のニに基いて
義務付けられたものです。


建築士事務所で働いている場合、建築士の資格を
保有する者は、仕事の内容に関わらず、必ず
建築士定期講習を受けなければなりません。


もし、万が一、建築士定期講習を受講せずにいると、
懲戒処分の対象となってしまいます。

そのため、三年毎に受け続ける必要があるのです。


ちなみに、建築士定期講習は、建築士事務所に
所属していない場合には、資格を保有していても
受けなくても良いとされています。

これは、建築士事務所に所属していない建築士は、
設計や工事監理を業として行っていないためです。


設計や工事監理を業として行っていない建築士にまで、
定期講習を受けさせるのは、規制が厳しすぎると
判断されているのでしょう。


建築士定期講習を受ける義務のある建築士が、
講習を受けない場合の罰則は、
もっとも厳しいランクでは免許取り消しです。

免許取り消しとまでいかなくても、
業務停止12月まで1カ月単位で処分が実施される
仕組みとなっていますから、建築士で働く場合は
必ず受ける必要性があります。


建築士定期講習
posted by 7fukujin at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

建築士になるための勉強方法

建設業界で絶対的な信頼度のある資格が
1級建築士ですが、2級建築士の資格と合わせて、
建築士になるためには大学の建築学科に進学するのが
一般的ですが、大学以外でも独学や通信教育でも
建築士なることもできます。


これから進学する人なら、大学か専門学校で
建築士コースを目指すのがやりやすい方法でしょう。

また、働きながら建築士の資格取得を目指す場合は、
学校に通うう時間が取れないことから、自分ひとりで
できる独学や通信教育を選択することになるでしょう。



建築士になるための勉強方法

建築士試験に合格するための勉強方法には、
大きく分けて三つあります。

・学校に通う
・通信教育
・独学

これらの三つです。

まず、一つめの学校に通う方法ですが、
これが一番一般的な勉強の方法です。

学校に通って、専門的な知識を身に付けたり、
技術を取得したりしていきます。

二つめの通信教育は、選択する人は少数ながら、
費用が安く済むのが魅力です。

送られてくる教材をスムーズにこなしていくことが
求められます。

しかし、製図の技術を通信教育で身に付けるのは、
かなり難しいでしょう。

三つめの独学は、
学校にも通わず、通信教育も受けずに、
一人で勉強する方法です。


人にきくことが困難なので、用語集を用いて、
分からない言葉をすぐに調べられるように
しておきましょう。


ただし、製図の勉強を独学で進めていって、
試験に合格することはほぼ不可能だといわれています。

というのも、製図に関しては、その年の教材がないと、
試験対策の勉強ができないのです。


周りに、その年の教材をコピーさせてくれるような
人がいないと難しいと思われます。


学校に入って建築士目指して勉強する場合は、
同級生たちと色んな情報共有ができますが、
個人ひとりで勉強していく場合は、
孤独になりやすいので仲間がいると心強いと思います。


一級建築士
タグ:建築士
posted by 7fukujin at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。