2013年11月29日

建築士は3年ごとの定期講習が必須

建設業界の国家資格で権威のある建築士ですが、
この資格は一度取得すれば一生ものでしたが、
3年ごとの定期講習が義務付けされました。


これは耐震設計の偽装事件で、
1級建築士の資格について厳しい管理が
施されたことになります。


住宅やビル、スタジアムなどの建築物は
建築設計や工事が手抜きされて、
それが原因で倒壊などの事故が起きたのでは
安心して使用や利用ができません。


震度7級の大地震のときでも、
人命に損傷を与えるような倒壊が起きないのが
現行の耐震基準ですので、これらのルールを
建築士はしっかり守ってもらわなければなりません。



建築士定期講習は利用者の安全を守るために、
建築士の質のレベルを保つ上で、
自動車運転免許の更新と同じような意味合いを
持っているといえます。



◆建築士定期講習とは?

建築士定期講習とは、三年毎に受けることが
義務付けられている建築士の講習のことです。

建築士定期講習は、平成20年11月28日の
法改正により、建築士事務所に所属する建築士に
義務付けられました。

これは、建築士法、第二十二条のニに基いて
義務付けられたものです。


建築士事務所で働いている場合、建築士の資格を
保有する者は、仕事の内容に関わらず、必ず
建築士定期講習を受けなければなりません。


もし、万が一、建築士定期講習を受講せずにいると、
懲戒処分の対象となってしまいます。

そのため、三年毎に受け続ける必要があるのです。


ちなみに、建築士定期講習は、建築士事務所に
所属していない場合には、資格を保有していても
受けなくても良いとされています。

これは、建築士事務所に所属していない建築士は、
設計や工事監理を業として行っていないためです。


設計や工事監理を業として行っていない建築士にまで、
定期講習を受けさせるのは、規制が厳しすぎると
判断されているのでしょう。


建築士定期講習を受ける義務のある建築士が、
講習を受けない場合の罰則は、
もっとも厳しいランクでは免許取り消しです。

免許取り消しとまでいかなくても、
業務停止12月まで1カ月単位で処分が実施される
仕組みとなっていますから、建築士で働く場合は
必ず受ける必要性があります。
建設業界の国家資格で権威のある建築士ですが、
この資格は一度取得すれば一生ものでしたが、
3年ごとの定期講習が義務付けされました。


これは耐震設計の偽装事件で、
1級建築士の資格について厳しい管理が
施されたことになります。


住宅やビル、スタジアムなどの建築物は
建築設計や工事が手抜きされて、
それが原因で倒壊などの事故が起きたのでは
安心して使用や利用ができません。


震度7級の大地震のときでも、
人命に損傷を与えるような倒壊が起きないのが
現行の耐震基準ですので、これらのルールを
建築士はしっかり守ってもらわなければなりません。



建築士定期講習は利用者の安全を守るために、
建築士の質のレベルを保つ上で、
自動車運転免許の更新と同じような意味合いを
持っているといえます。



建築士定期講習とは?

建築士定期講習とは、三年毎に受けることが
義務付けられている建築士の講習のことです。

建築士定期講習は、平成20年11月28日の
法改正により、建築士事務所に所属する建築士に
義務付けられました。

これは、建築士法、第二十二条のニに基いて
義務付けられたものです。


建築士事務所で働いている場合、建築士の資格を
保有する者は、仕事の内容に関わらず、必ず
建築士定期講習を受けなければなりません。


もし、万が一、建築士定期講習を受講せずにいると、
懲戒処分の対象となってしまいます。

そのため、三年毎に受け続ける必要があるのです。


ちなみに、建築士定期講習は、建築士事務所に
所属していない場合には、資格を保有していても
受けなくても良いとされています。

これは、建築士事務所に所属していない建築士は、
設計や工事監理を業として行っていないためです。


設計や工事監理を業として行っていない建築士にまで、
定期講習を受けさせるのは、規制が厳しすぎると
判断されているのでしょう。


建築士定期講習を受ける義務のある建築士が、
講習を受けない場合の罰則は、
もっとも厳しいランクでは免許取り消しです。

免許取り消しとまでいかなくても、
業務停止12月まで1カ月単位で処分が実施される
仕組みとなっていますから、建築士で働く場合は
必ず受ける必要性があります。


建築士定期講習
posted by 7fukujin at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

建築士になるための勉強方法

建設業界で絶対的な信頼度のある資格が
1級建築士ですが、2級建築士の資格と合わせて、
建築士になるためには大学の建築学科に進学するのが
一般的ですが、大学以外でも独学や通信教育でも
建築士なることもできます。


これから進学する人なら、大学か専門学校で
建築士コースを目指すのがやりやすい方法でしょう。

また、働きながら建築士の資格取得を目指す場合は、
学校に通うう時間が取れないことから、自分ひとりで
できる独学や通信教育を選択することになるでしょう。



建築士になるための勉強方法

建築士試験に合格するための勉強方法には、
大きく分けて三つあります。

・学校に通う
・通信教育
・独学

これらの三つです。

まず、一つめの学校に通う方法ですが、
これが一番一般的な勉強の方法です。

学校に通って、専門的な知識を身に付けたり、
技術を取得したりしていきます。

二つめの通信教育は、選択する人は少数ながら、
費用が安く済むのが魅力です。

送られてくる教材をスムーズにこなしていくことが
求められます。

しかし、製図の技術を通信教育で身に付けるのは、
かなり難しいでしょう。

三つめの独学は、
学校にも通わず、通信教育も受けずに、
一人で勉強する方法です。


人にきくことが困難なので、用語集を用いて、
分からない言葉をすぐに調べられるように
しておきましょう。


ただし、製図の勉強を独学で進めていって、
試験に合格することはほぼ不可能だといわれています。

というのも、製図に関しては、その年の教材がないと、
試験対策の勉強ができないのです。


周りに、その年の教材をコピーさせてくれるような
人がいないと難しいと思われます。


学校に入って建築士目指して勉強する場合は、
同級生たちと色んな情報共有ができますが、
個人ひとりで勉強していく場合は、
孤独になりやすいので仲間がいると心強いと思います。


一級建築士
ラベル:建築士
posted by 7fukujin at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

建築士の資格、大学と専門校ではどちらがよい?

建築士は学歴がなくても資格試験に受かれば、
なることができますが、
大学の建築科を卒業して建築士になる方が一般的です。


大手ゼネコンのような総合建設業の場合、
なかでもスーパーゼネコンと言われている、
上位数社のゼネコンについては、

社内にしめる建築士の出身校が、
かなり限定的だという都市伝説があります。


入試ランキングのように、
○○大学の建築科以上の学生でないと
入社できないという噂があるのですね。


このように言われたら、建築士になるためには、
大学の建築科出身でないと不利だと思ってしまいます。


でも、これはあくまでも今までの慣習的な話です。

意匠デザインのように本人のセンスが勝負の世界では、
学歴はあまり関係ありません。

実力の戦いなので、
あまり気にすることはないと思います。



◆大学と専門学校ではどっちに行くのがいいの?

建築士になるためには、どちらかと言えば、
専門学校に行くよりも大学に行く方が良いでしょう。


今の時代、学歴があるからといって、
給料が良かったり昇進できたりするという保証は
ありませんが、初任給が良いのは大学卒の方です。

となると、やはり、ボーナスにも
影響してくるでしょう。


また、建築業界は学歴があるのが
当たり前の業界になってきています。

それは、人材の需要よりも供給の割合が
高くなっているためです。

企業での採用人数は減少傾向にあり、
中小企業でも大学院を卒業した人が入るように
なってきているのが現状になります。

もし、大手の企業に就職を希望するなら、
知名度の低い大学よりも知名度の高い大学を
卒業した方が有利になるでしょう。


建築士は実力の世界とも言われますが、
ある一定のラインに行くまでは、
学歴も影響してくる可能性が高いです。

まずは、一定のラインに行けるよう、
選択できるのであれば、学歴として上だと
考えられている大学を選ぶことをオススメします。


大手ゼネコンで働きたいと思う方は、
大学へ進学してゼネコンへの入社を考えた方が
一番確実だということでしょう。

group03.jpg
ラベル:建築士 資格
posted by 7fukujin at 12:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

安藤忠雄さんみたいに独学で建築士になれるの?

建設業で仕事するのなら、
建築士の資格があるのとないのでは、
大きな違いがあります。


建築設計や現場監督(現場代理人)のような
仕事をしていく上では、国家資格の建築士は
ゆるぎないものと言えます。


それでは、この難関と言われている
建築士の資格ですが、独学で勉強して
なれるものでしょうか。

bridge-construction.jpg

建築士は独学でもなれるの?


建築士は、理論上は独学でもなることができます。

独学で有名な建築士では
安藤忠雄さんがいますね。


しかし、かなりのやる気を持ち、
それを継続させる力がないと、
まず不可能と思った方がいいかもしれません。


独学は一人で勉強するので、専門的なスクールに通って
勉強するのと比べて挫折する可能性が高いと言えます。

やはり、一緒に勉強する仲間がいることや、
分らないところを聞くと教えてくれる先生が、
いるというのは大きなメリットです。


自分で計画を立てて、物事を実行するのが苦手な人は、
独学はしない方がいいのではないかと思います。


独学をする場合には、市販の参考書や問題集を使って
勉強するのが一般的な勉強の仕方になるでしょう。

建築士試験のための参考書の内容を全て理解できれば、
試験に合格することができます。

なので、参考書に書かれていることをとにかく理解し、
覚えるという作業がとても重要です。

問題集を使って、参考書に書かれていることをきちんと
理解し、覚えているかということをチェックする習慣を
つけましょう。



安藤忠雄さんは世界的に知られる建築家ですが、
独学で一級建築の資格を取得されています。

独学でもなれますが、強い決意で取り組んで
いかなければハードルの高い資格と言えます。
ラベル:建築士
posted by 7fukujin at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

オリンピックで注目される建築士の仕事とは?

建築業界は東日本大震災以降、
人手不足の状況が続いていますが、
これに2020年東京オリンピック開催が決まり、
さらに追い打ちを掛けるように人手が足りません。


建築工事で中心となるのは、建築士です。

建築物件がますます増えていくことが
予想されますから建築士の需要も今後増えて
いくことが予想されますので、
建築士を目指す方にはいいタイミングと言えます。


建築士は、建物の設計や工事監理を行う技術者
のことを指すと定義されています。


設計と一言で言っても、内装、安全性、耐震性、
設備などの全てが建築士が考えて行う仕事です。


そして、工事監理は、設計した通りに工事が
行われているかをチェックする仕事ですから、
工事業者とのコミュニケーションもとても
大切になってきます。


◆二級建築士の場合、延べ床面積が
30平方メートル〜300平方メートル以内の
鉄筋コンクリート、鉄骨、木で造られた建物の
設計と工事監理を行うことができます。

◆一級建築士の場合には、設計できる建物の
大きさは決められていません。
上限はないということですね。

二級建築士よりも大きな建物の設計や工事監理を
行うことができるので、一級建築士を目指す人が
たくさんいますが、かなりの難関試験でもあります。


建築士の資格を取得すれば、
建設会社や設計事務所、工務店、住宅メーカーに
勤務する他、国や地方自治体で働いたり、
独立して自分で事務所を開くことも可能です。


また、建築士は女性よりも男性が多いですが、
近年では女性の建築士志望者も増えてきています。


建築士の資格について紹介するのは初めてでは
ありませんが、オリンピック開催という
50年に1度あるかないかのビッグイベントですから
建築業界が活況となっています。


物づくりの楽しさが得られる職業でもありますから、
建築士目指すのもいいと思います。

wtc-993809-m.jpg

ラベル:建築士 資格
posted by 7fukujin at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする