スポンサードリンク

2013年11月06日

マンション管理士の年収は平均以上?

マンション管理士は地味な仕事です。

地味な仕事ですが、マンション居住者が快適に
生活できるサポートをしていくので、
やりがいを感じることができる職業でもあります。


メーカーのような競争の激しい業界の仕事よりは、
地味だけど他人に役立つような達成感を感じながら
働きたい方には向いていると思います。


それでは、このマンション管理士の仕事ですが、
年収はいくらぐらいなのかと言うと、平均的な
年収よりは多い方だと思います。


マンション管理士の年収はいくらぐらい?

マンション管理士の年収は、どのように働くかによって
変わってきますが、マンション管理会社勤務の場合、
400万円〜800万円くらいであることが多い
でしょう。

しかし、同じマンション管理会社勤務でも、
経験や年齢、会社でどのような仕事を担うかに
よっても大きく左右されることが多いので、
平均年収を出すのは難しいのが現状です。


また、マンション管理士の資格があると、資格手当が
会社から支給される場合も少なくありません。

資格手当は、毎月5千円〜1万円くらい
支給されることが多いようです。


経験を積んでいくにつれて年収が上がることが
多いので、できるだけ若いうちに資格を取得し、
経験を積むことが収入アップに繋がります。


マンション管理士として独立開業した場合は、
さらに個々の収入の差が出てくるため、平均年収を
出すのがますます難しくなってしまうでしょう。

ただ、独立した場合も、一般的には、実力を上げる
ことで収入がアップしていくものですから、やはり
経験を積むことが年収アップにはとても重要です。



マンション管理士の年収はキャリアによって、
かなり差があると言ってよいでしょう。

マンション管理で大変なのは、居住者のクレーム
などの対応だと思いますが、これには経験があるのと
ないのでは当然ながら居住者の満足度は異なります。

ただここで注意が必要なのは、経験年数が長いだけ
ではダメで、表面的な対応だけではなくて、真剣に
居住者の立場で考えてあげられるような対応を
していれば比較的早い段階で評判の良いマンション
管理にしなっていけるのではないでしょうか。


マンション管理士の年収
posted by 7fukujin at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

人気の資格:マンション管理士の勉強法

都市部では駅周辺の利便性の良いところに、
マンションが多く建っていますが、
マンションの数は今後も増えていく傾向にあります。


マンションの数が増えていくと、マンションを
管理する人が不足となりますから、
マンション管理士の需要は高くなると見込まれます。


ここで注意していただかなければいけないことは、
この資格は合格率が低いことです。

マンションの管理の資格だからと言って、
安易に考えて受験するような人は受かりません。
法令に関することも多いので、
しっかり準備して取りかかる必要があります。


マンション管理士の勉強法は?

マンション管理士の試験勉強は、
どのようにしたらいいのでしょうか? 


独学でマンション管理士の試験勉強を効率的に
するには、テキストと法令集が欠かせません。

市販のテキストには様々な物があるため、どのように
選んだら良いか分からないということもあるでしょう。


しかし、市販のテキストの内容には、
ほとんど差はありませんから、どれを選んでも
それほど違いはありません。

というのも、テキストはページ数や文字数に限りがあり、
紙の上で伝えられることにも限界があるので、
似たり寄ったりになってしまいがちなのです。


テキストでは情報が限られてしまうため、テキストと
一緒に法令集を用意すると役立ちます。


法令集があれば、テキストで不足している情報を
多少は補うことができるでしょう。


でも、マンション管理士試験で出題されている分野に
関する知識が全くない人の場合、テキストや法令集で
勉強するだけでは、試験対策として不十分です。

できれば、専門のスクールに通ったり、通信講座を
利用するなどして、出題分野に対する理解を深める
必要があります。


マンション管理士試験の合格率は非常に低いので、
しっかりと試験対策しなければ合格できないでしょう。



マンション管理士試験の勉強法についてお伝えしました。
試験の合格率が低いのは、準備不足のまま受験する人が
多いからだと思います。

短期間で法令問題など覚えようとすると、
気が焦って頭に入り難くなりますから、準備期間を
しっかり考えて取り組むことをお勧めします。


マンション管理士試験
posted by 7fukujin at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

マンション管理士と管理業務主任者の違いは何?


マンション管理士の資格について紹介していますが、
この資格と似ているものに「管理業務主任者」が
あります。


どちらの資格もマンションの管理に関するものですが、
お客様となる対象が異なるのが大きな違いです。

マンション管理会社で働くにしても、
管理組合との対応を主にやりたいのか、
それとも管理会社から委託された仕事を
やる方がいいのかで選択が分かれてきます。


両方とも持っておくのが賢明かもしれません。



マンション管理士と管理業務主任者の違いは?

管理業務主任者は管理会社に委託された仕事を
するのに対し、マンション管理士は管理もしますが、
マンション居住者の生活が快適になるように、
アドバイスをする仕事もします。

つまり、マンション管理士と管理業務主任者には、
業務内容に少し違いがあるということです。


【マンション管理士】は
・マンションを利用する人寄りの専門家であり、

【管理業務主任者】は
・マンションを適正に管理する専門家

ということができます。


それに、マンション管理士の場合には、
マンション管理組合と直接契約を結びますが、
管理業務主任者は、
マンション管理組合からマンション管理会社が
委託されたマンション業務を行うのです。


そもそも、マンション管理組合は、マンションに
居住する人たちで成り立たたせる組織をいいます。

しかし、実際には、マンションに居住する人たちで
マンション組合を作って運営するのはとても難しい
でしょう。


そこで、多くの場合は、マンション管理会社に
業務を委託しているわけです。

また、管理業務主任者はマンション管理会社に勤務
するのが普通ですが、マンション管理士は独立開業を
することが可能だという点も違います。



マンション管理士と管理業務主任者の違いについて、
説明しましたが、独立開業を目指す方でしたら両方
取得するのがいいのでしょうが、まず最初に取って
おくのはマンション管理士だと言えます。


apartments02.jpg
posted by 7fukujin at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

マンション管理士は需要が高い?

資格には、今は必要なくても将来、再就職する際に
役立つようなものがあります。


マンション管理士の資格についても、
仕事内容はマンション管理のエキスパートですので、
資格だけ先に取っておくと保険みたいに、
いざと言うときに使える資格と言えます。


マンション管理士の資格について、
まずこの資格がどういう資格なのか、
と言うことをご紹介いたします。



マンション管理士ってどんな資格なの?

マンション管理士とは、主にマンションの住人から
寄せられる、マンションの管理に関する相談に
専門的に応じる仕事のことです。

・マンションに居住するための規則、
・トラブルを起こす住人への対応、
・管理組合の運営など、
あらゆることを行います。


マンション管理士が行う仕事というのは、必ずしも
マンション管理士の資格がないとできないということは
ありません。

しかし、きちんと資格を持っていると、
信頼が増すため、持っていた方が良いでしょう。


マンション管理士は国家資格なので、
とても信頼のできる資格とされています。


マンション管理士の資格を活かすことができる就職先
としては、マンション管理会社が一般的です。

また、不動産屋や建設会社、ビル管理会社などでも、
資格を活かすことができる場合があります。


その他、マンション管理組合の顧問として働く道なども
ありますが、マンション管理組合の顧問の場合には、
ある程度の実務経験を経た後、独立するというケースが
多いようです。



都心部では戸建て住宅だった一角が、
大型のマンションになっています。


マンションの数はこれからも増えていきますから、
マンション管理のプロとして、管理会社などから
の求人は期待できるので、少し地味な仕事ですが、
転勤などの心配がしたくない人には向いています。


apatment01.jpg
posted by 7fukujin at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

短期間で取れて就職に有利な資格とは?

資格を取得する目的は、人によって事情が色々ある
と思いますが、再就職などの都合から、
できるだけ短期間で取得できる資格を探している
人もいることでしょう。


短期間で取れるからと言って、その資格を持って
いても就職で有利にならなければ意味がありません。

短期間で取れて、しかも就職で役に立つ資格、
というのが人気資格となることが多いですね。


それでは、短期間で取れる資格って、
どんな資格があるのでしょうか?


短期間で取れる資格って?

・ファイナンシャルプランナー
・秘書技能検定
・食品衛生責任者


これらの資格は、やる気次第では
短期間でも取得できます。

しかも就職で役立つ資格と言えます。

ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナーは資産の運用や管理など、
お金に関する知識を証明する資格で、いわばお金の
スペシャリストです。

ファイナンシャルプランナーの資格を取得することで、
税金や年金、保険、不動産といった様々な資産に
関する知識を身につけることができるでしょう。

色々な企業への就職や転職に有利ですし、他の資格と
併せて独立することもできます。


秘書技能検定
秘書技能検定は、スケジュール管理や来客対応、
ビジネスマナーなどに関する知識やスキルを証明する
ことができる資格ですから、秘書を目指す人ならぜひ
取得しておきたいですね。

特に秘書になりたいというわけではなくても、
社会人としてのマナーを身につけ、それをアピール
したいと考えている人にはオススメの資格でしょう。


食品衛生責任者
食品衛生責任者は、安全な食品を提供するために必要な
知識を持ち合わせていることを証明する資格です。

食品衛生責任者の資格を取得することによって、
食品関係の仕事に就きやすくなります。


短期間で取得できて、就職に有利な資格をご紹介
いたしました。

資格をたくさん持っていても、資格を取得するのが
目的になったのでは本末転倒だと思います。

資格はあくまで必要条件であって、十分条件では
ありませんので、短期間で取得できる資格は、
そういう意味でも、実務に早く反映できるので、
おススメの資格だと思います。



posted by 7fukujin at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。