スポンサードリンク

2013年07月18日

女性に人気の3資格とは?

女性に向いている資格があります。


看護師の資格は、かつて看護婦と呼ばれていました。

今では男性の看護師もいるのも珍しくありませんが、
年配の方は、「看護師」さんと呼ばずに
「看護婦」さんの方が馴染みがあるようですね。

僕なんかも、個人的には看護婦さんの方が
優しい感じがするのですが、男女雇用均等を
考えると時代の流れに従いましょう。


男性もいるけど、ほとんどが女性という職場は
女性に向いている仕事であることを物語っていると
考えた方が良いと思います。

女性に人気の資格は、女性が働きやすい仕事
ということでしょう。


女性に人気の資格って?

女性に人気の資格というと、次の3つが代表的です。

・ホームヘルパー
・ネイリスト技能検定
・保育士


ホームヘルパー
ホームヘルパーは、介護における知識や技能を
証明する資格ですから、介護業界に興味がある方は
取得しておいた方が良いでしょう。

高齢化社会が進む現在、介護業界は人材不足に
悩まされており、ホームヘルパーの資格取得者を
どの施設も望んでいます。

就職・転職に非常に強い資格ということもあって、
女性に大変支持されている資格なのです。


ネイリスト技能検定
ネイリスト技能検定は、ネイルの知識や技術を
証明する資格のことで、手先が器用な方に
向いています。

趣味でこの資格を取得する方もいますが、
ネイルサロンで働くために取得される方が
多いでしょう。

美容業界で活躍したい方であれば、
取得しておいて損はない資格です。


【保育士
保育士は、保育に関する知識や技術を
証明する資格で、子供が好きな方や子育ての
経験がある方に人気があります。

児童福祉施設や企業内保育所、ベビーシッター
など、色々なところで活躍できるため、女性の
就職・転職にとって有利な資格だといえます。


女性に人気の3資格をご紹介しました。

少子高齢化が進んでいくのと、結婚・出産後も
働く女性が増えていくことから、ホームヘルパー
や保育士の需要は高まるでしょう。

また、自分にお金を掛けるのが普通になって
いるので、ネイリストの資格も取れる時に
取得しておくと役に立つことがあります。



posted by 7fukujin at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

今年、2013年における人気資格とは?

今人気がある資格は何かご存じでしょうか?

就職や再就職などの場面では、資格を持っていると
何かと有利ですが、苦労して資格を取っても、
後で役に立たないような資格では、努力した甲斐が
ありません。

役に立つ資格は何かというと、
一般的に言えることは、人気の資格に
注目するのが一つの方法だと思います。


 役に立つ資格 = 人気の資格

と見なしても、いいのではないでしょうか。


2013年の人気の資格

2013年の人気の資格は、次の3つです。

・医療事務
・調剤薬局事務
・行政書士


まず、【医療事務】は、病院などの医療機関で
受付や会計、カルテ管理などを行う資格です。

この仕事は、勤務場所に困ることがないですし、
長く働ける職場が多いので、女性を中心に
人気があります。

また、残業がほとんどないため、
お子さまをお持ちの方にも良いかもしれません。


次に、【調剤薬局事務】は、調剤薬局で薬剤師を
サポートする資格で、主に受付や会計などを行います。

調剤薬局は全国にたくさん存在するので、この仕事も
働く場所に困ることもなく、残業もない仕事なので
働きやすいです。


最後に【行政書士】は、個人や企業からの依頼を
受けて役所に提出する書類を作ったり、法律に関する
相談にのって依頼者の問題を解決するお手伝いを
行います。

性別に関係なく法律のスペシャリストとして
活躍できるので、男女共に人気があります。

安定した収入を得ることができますし、
将来的に独立をすることも可能です。


2013年の人気の資格は、これら3つとなっており、
安定した収入というのが、キーワードになっている
のかもしれません。

ユーキャンなどの通信講座の人気ランキングでも
常に人気の高い資格と言えますね。

これから先もこの3資格は人気資格として
脚光を浴びそうです。

医療事務
posted by 7fukujin at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

自宅で通信教育で取れる就職に強い資格とは?

資格を取るためには、資格取得に特化した
専門学校に入って、学ぶのが一番
だと思っていませんか?


資格取得には平易なものから超難関まで、
数多くありますが、働く上で役立つ資格となると、
大抵は難しいのが一般的なところです。


ですので、資格取得には自宅でコツコツと
受験勉強していくよりは、専門校でプロから
学ぶべきだと思っている人が多いです。

確かに、この考え方は正しいと思いますが、
しかしながらどの資格でもそうとは限りません。


主婦の方で家事の合間の隙間時間を有効に使って、
勉強することで合格できる資格もあります。


学校に行かなくても自宅で通信で取れる資格って?

学校に行かなくても自宅で通信で取れる資格なら、
家事や仕事の合間に取得を目指すこともできますね。

・介護事務
・歯科助手
・危険物取扱者

これら3つの資格なら、自宅での資格取得を
目指しやすいでしょう。


介護事務とは、介護報酬請求業務に関する知識を
証明する資格のことで、介護業界で働きたい人に
オススメです。

受験資格に学歴や実務経験などは一切必要ないので、
どなたでも取得を目指すことができ、
およそ4ヶ月程度で取得可能だといわれています。


また、歯科医師の助手としての知識や技術を
証明する資格である歯科助手は、5ヶ月くらい
勉強すれば取得できるでしょう。

歯科医院は、非常にたくさんあるので、この資格を
取得することによって、就職や転職に有利になります。


危険物の取り扱いに関する知識を証明する
危険物取扱者という資格も、約5ヶ月の試験対策で
取得可能です。

この資格は、ガソリンスタンドや化学工場など、
危険物を取り扱っている職場では、必要不可欠な
資格となっています。


学校に行かずに通信教育で取れる資格は、この他にも
たくさんありますが、就職や転職を考えた場合、
この3つがオススメの資格です。


自宅の勉強で取れる資格で、就職に強い資格を
ご紹介いたしました。

会社が事業をしていく上で、資格所有者がいなければ
支障をきたす資格を持っていると、求人募集の際、
有利なのは明らかですよね。

何も難関資格ばかりではないので、
・介護事務
・歯科助手
・危険物取扱者
このような資格に関心のある人は要チェックですね。


危険物取扱者
posted by 7fukujin at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

税理士の資格と行政書士の資格、違いは?

士業の中で「税理士」と「行政書士」がありますが、
資格を持っていない人からみると、
同じような資格に見えますが、扱う業務が違います。


税理士は確定申告でお世話になる頻度が高いので、
まだ分りやすいかと思います。

一方の行政書士の資格は、サラリーマンの方には
中々関係する機会がないので分り難いかも知れません。

税理士と行政書士の資格の違いについて
説明させていただきます。


税理士と行政書士は何が違う?

税理士の資格と行政書士の資格には、
どのような違いがあるのでしょうか?

税理士と行政書士の違いは、
その仕事内容です。

▼税理士
税理士は、主に税に関する仕事を行います。

税務業務、税務書類の作成、税務相談、
会計業務、補佐人制度などが税理士の仕事内容
となっているのです。


▼行政書士
行政書士は、法律に関係する仕事を行っています。

行政機関に提出する書類の作成代行や法律相談などが
行政書士の主な仕事内容です。

行政書士も税に関する仕事はありますが、
それほど多くはありません。

ただ、税理士の場合は、行政書士の仕事も一緒に
行っている人もいます。

これは、税理士試験に合格し、行政書士会に
登録することで、行政書士になれるからです。

そのため、税理士の多くは、税理士の仕事以外にも、
行政書士の仕事も行っているのです。


税理士と行政書士の違いはこのようになっており、
税理士の方が行政書士よりも仕事の幅が広い
ということになります。

しかし、だからといって、行政書士が税理士よりも
劣っているというわけではありませんので、
そこは間違わないようにしてくださいね。


税理士の資格と行政書士の資格の違いについて、
説明いたしました。

税理士の資格があると、行政書士になることが
可能であるということから、資格取得を目指す
のでしたら、税理士がいいような気がします。
posted by 7fukujin at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

MOS試験は、独学と専門学校を使い分けた方がよい

パソコンスキルの目安としてMOSがありますが、
MOS試験は、初級レベルから専門的な高い
レベルまで対象範囲が広い試験です。


したがって、受験するMOS試験のレベルによって
受験勉強のスタイルが異なってきます。

専門学校の授業料は安くありませんので、
受験するレベルに応じて、最適な勉強方法を
選択して取り組むようにした方がいいでしょう。


MOS試験は独学と専門学校を使い分けよう

MOSの資格取得試験は、独学と専門学校の
どちらが受かりやすいかは、合格率が公表されて
いないのでよくわかっていません。

ですが、MOSはレベルの高いほうの資格ですと、
スクールや通信教育などで学んでいる人の方が
合格率が高いと思われます。


それは、スクールや通信教育のほうが、
資格取得試験用の対策をしっかりとできる
ということがあるからでしょう。


エキスパートレベルの難しい資格を取得するならば、
独学よりもスクールや通信教育で勉強をしたほうが
良さそうです。

逆に、簡単に取れる初級のほうの資格を取得する
場合には、わざわざ高い学費をかけて、
スクールに通う必要はないと思います。

もちろん、全くのパソコン初心者の方で不安
でしたら、スクールのほうが良いかもしれません。


ある程度独学して知識を付けてから、スクールに
通ったり通信教育などで学び、エキスパートレベル
の資格の勉強をして資格取得するというのもいいですね。

自分のスキルと取得目標の資格レベルを考えて、
独学かスクールか通信教育かを上手に選んで短期間で
合格できるような学習をしましょう。


writing_on_laptop.jpg
タグ:MOS試験 資格
posted by 7fukujin at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格紹介と取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。