スポンサードリンク

2014年01月20日

失業保険をもらうための絶対必要な条件

雇用保険に加入していた人が仕事を辞めたとき、
失業保険と一般に言われるところの、
雇用保険の基本手当について大切な条件があります。


失業保険は国が税金から受給者に
与えられるものなので、
受給できるためにはそれなりに条件が
設けられています。


と言っても、当たり前のような条件ですが、
この基本の条件をクリアしなければ、
ハローワークでいくら粘っても
失業保険はもらえません。



失業保険は、誰でももらえる
という訳ではありません。

1つだけ条件があります。


その条件とは、
再就職する意思があるのかどうかです。


もし、再就職しようと思っていないのであれば、
失業保険をもらうことはできません。

ただ、基本的に再就職する意思があるのであれば、
どなたでももらうことができます。


失業保険はあくまでも再就職をサポート
する制度なので、再就職をする意思がないと
適用されないのです。

失業保険が適用されると、労働をしなくても
一定の金額をもらうことができます。

このお金を利用しながら、再就職先を探す
というのが、失業保険の目的です。


お金に余裕がないと生活することができないので、
就職活動にも大きな影響を与えます。

そのため、失業した方は失業保険の手続きを行い、
まずは生活を安定させて受給期間中の就職を
目指してください。


失業保険をもらうのに抵抗がある人もいるかも
しれませんが、これは私たちの権利なので、
利用しないよりも利用した方が良いです。


失業保険をもらうことを他人の目を気にして
もらわない人がそれは問題です。

今の時代、失業したからと言って
誰も変な目で見たりしません。

たまたま働いていた勤務先の都合で失業したり、
仕事がたまたま自分に合わなかっただけの場合が
多いものです。
ラベル:失業保険
posted by 7fukujin at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。